医療情報システム監査人試験制度・説明会:2/23開催

【日程】2月23日(水)13:00〜16:30

【会場】富士ソフト・アキバプラザ
東京都千代田区神田練塀町3 JR秋葉原駅すぐ

【主催】財団法人医療情報システム開発センター

【後援】(予定)厚生労働省、総務省、日本病院会、システム監査学会、日本医療情報学会、JIRA、ASPIC

【URL】http://premiss.medis.jp/event20110223.html

【参加費】事前登録制3000円、定員200人

【連絡先】医療情報システム開発センター 医療情報安全管理推進部 
e-mail : premiss@medis.or.jp、TEL:03-5805-8207 FAX:03-5805-8209

【概要】医療情報システムの利用者・関係者が、国の定めた医療情報の安全管理のためのガイドラインを遵守することは、医療情報の有効活用のための必須条件。しかし現状では医療福祉分野では情報システムに関する監査が実施されていない。そこで、ガイドラインに沿った医療情報システムの安全管理を広く普及させることを目的とし、医療機関やベンダーにおいて監査を実践できる人材を養成するために、創設する試験制度の説明会。プログラムの内容は、「医療におけるICT活用の現状と課題」 厚生労働省医政局政策医療課・医療技術情報推進室・室長 山本要氏、「医療情報システムの安全管理における監査の重要性」 東京大学大学院・情報学環・学際情報学府・准教授 山本隆一氏、「医療情報システム監査人試験制度の概要」(財)医療情報システム開発センター・医療情報安全管理推進部・部長 相澤直行氏。

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 認知症ではないと診断した患者が事故を起こしたら医… プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:393
  2. 免許更新の認知症診断に医療機関は対応できるか リポート◎3・12道交法改正で対象者は年間5万人 FBシェア数:94
  3. 言葉の遅れに「様子を見ましょう」では不十分 泣かせない小児診療ABC FBシェア数:121
  4. 院長の「腹心」看護師の厳しすぎる指導で退職者続出 院長を悩ます職員トラブル大研究 FBシェア数:4
  5. 「在宅患者への24時間対応」はやっぱり無理? 日医、かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査結果を公表 FBシェア数:45
  6. 医療過失の95%を回避する術、教えます 記者の眼 FBシェア数:93
  7. 検査キットに振り回されるインフルエンザ診断 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:574
  8. 58歳男性。口唇の皮疹 日経メディクイズ●皮膚 FBシェア数:0
  9. 「認知症の診断=絶望」としないために インタビュー◎これまでの生活を続けられるような自立支援を FBシェア数:59
  10. 「名門」を出てもその先は自分次第 木川英の「救急クリニック24時」 FBシェア数:176