「国際モダンホスピタルショウ2008」プレビュー

主な出展企業の見どころ製品・ソリューションを紹介

 7月16日(水)〜18日(金)、東京国際展示場(東京ビッグサイト:東京・有明)で「国際モダンホスピタルショウ2008」(主催、日本病院会/日本経営協会)が開催される。昨年に引き続き、「健康増進で築く豊かな医療と福祉−新しい地域ケアの姿をめざして」をメインテーマに、東展示棟・東4〜6ホール(展示面積8000m2)を使用した会場は5つのゾーンで構成され、出展各社の製品が一堂に会する。日経メディカル オンライン「医療とIT」では、展示面積の約半分を占める「医療情報システムゾーン」に焦点を当て、主要な出展社が各ブースで展開する展示・デモの中で、主力な製品・ソリューションと位置づけられる展示内容についてプレビューする。(掲載は五十音順)

インターシステムズジャパン(E-46)
 国家的プロジェクトの導入事例などを前面に打ち出す


NEC(E-129)
 電子カルテを中心にヘルスケア関連システムも展示


NTTグループ(E-49)
 強みの情報通信技術を活かした地域医療連携システムなどをデモ


オーダーメイド創薬(E-30)
 紙カルテからの移行の「壁の低さ」と導入実績を前面にアピール


京セラ丸善システムインテグレーション(E-50)
 精神科向け電子カルテシステム最新版「MEDIC EHR/P Ver.3」をリリース


三洋電機(E-99)
 長年の医事コンピュータ開発・販売のノウハウを活かしたラインアップを展示


ナナオ(E-68)
 電子カルテ画像表示モニターとベッドサイド対応液晶モニターを出展


日本アイ・ビー・エム(E-112)
 健全な病院経営を支援するデータ分析ソリューションなどを展開


日立製作所グループ(E-4)
 「使い勝手」「導入のしやすさ」を特長とした医療ソリューションを出展


富士ソフト(E-124)
 病院経営を支えるバックオフィスソリューションを出展


富士通(E-123)
 大・中規模病院向け次世代電子カルテ「HOPE/EGMAIN-GX」を前面にプレゼン


ユヤマ(E-83)
 「最後発」ゆえの強みを生かした電子カルテシステムを訴求


ワイズマン(E-82)
 中規模病院に特化した「電子カルテシステムER」に注力


ワコム(E-2)<br>
 電子カルテシステムのほか、医療現場での多様な用途を提案


ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 11県で総合診療科研修プログラムの応募ゼロ 新専門医制度、初年度専攻医の一次登録を締め切る FBシェア数:170
  2. 適応のある/なしは患者の知ったことではない 尾藤誠司の「ヒポクラテスによろしく」 FBシェア数:31
  3. 意外に怖いRSウイルス、乳児に加え高齢者も トレンド◎重症化の頻度はインフルエンザと同等 FBシェア数:7
  4. 診療報酬改定は在宅の負担軽減、遠隔診療が焦点 特集◎かかりつけ医の未来《動向編3》 FBシェア数:24
  5. 胃潰瘍後のPPIはいつまで続ける? 田中由佳里の「ハラワタの診かた」 FBシェア数:85
  6. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:2
  7. そのまま、動かすな! 連載小説「坂の途中」 FBシェア数:9
  8. 順大が総合診療医向けのキャリア構築プログラム 大学と市中病院が連携、研究と臨床を学ぶ場を提供 FBシェア数:108
  9. 「胃癌予防目的での小児のピロリ除菌療法は推奨しな… 日本小児栄養消化器肝臓学会がガイドライン草案を公開 FBシェア数:112
  10. 負荷試験や経口免疫療法に伴う重篤な事例は9例 日本小児アレルギー学会が「重篤な食物アレルギー症状」の緊急調査 FBシェア数:5