三洋電機

長年の医事コンピュータ開発・販売のノウハウを活かしたラインアップを展示

 三洋電機(E-99)は、2007年8月に発売した医事一体型の電子カルテシステム「Medicom-HR」と、2007年12月に発売した電子カルテシステム「Medicom-DP/X・II」、医事コンピュータ「Medicom-MC/X・II」の、いずれも診療所向けのシステムを中心に出展する。


●診療所に特化した電子カルテシステムなどを展示


「Medicom-DP/X・II」は縦長液晶モニターを採用

「Medicom-HR」はカルテと会計画面がウインドウの左右に一体表示される

 「Medicom-HR」は、1972年から医事コンピュータをリリースし続けている同社のノウハウを凝縮した、診療所に特化した医事一体型の電子カルテシステム。システムの基本構成はサーバ1台(受付)と診察室(1台)で、基本構成+端末4台までの計6台まで拡張可能。オールインワンの省スペース型なので、新規開業医の導入には最適なモデルといえよう。

 特長は、「医事コンピュータを長年手掛けてきたことで培ったノウハウに基づいた、優しいユーザーインターフェース。画面の見やすさ、欲しい情報の探しやすさにおいては、他社製品と比べてもお客さまから高い評価を得ていると自負している」(メディコム事業部販売企画部販売促進課の田代哲也課長)。中でも、カルテと会計画面がウインドウの左右に一体表示され、「カルテを見ながらレセプトを確認できる点の評価が高い」(同氏)という。また、「視認性にも優れ、紙のカルテ感覚で画面を操作できることによって、診察のスムーズさを損なわないことも利点」としている。レセプト電算機能は、標準で搭載している。

「Medicom-DP/X・II」は縦長液晶モニターを採用

「Medicom-DP/X・II」は縦長液晶モニターを採用

 昨年末にリリースされた電子カルテシステム「Medicom-DP/X・II」は、拡張性、機能性に重点を置いたモデル。インターフェースは紙カルテ2号紙に近い画面イメージで、情報がすっきりと表示されることが特長。患者の診療情報メニューを大きくすることで、特記事項などの多種多様な情報を表示でき、患者のアレルギー情報や他院処方などが素早く確認できるという。また、薬剤チェック機能も備え、処方時に年4回更新される医薬品情報データベースをもとに、処方入力時に薬剤・食物アレルギーなどをチェックできる。

 「Medicom-MC/X・II」は、2011年度までに政府から義務づけられたレセプトオンライン請求に対応する診療所のニーズに応える、同社の最新版医事コンピュータ。オンライン請求の際に、厚労省が定めたセキュリティに関わるガイドラインではウイルス対策を義務づけているが、同モデルはLinux版ウイルス対策ソフトを標準で搭載することで対応。「通信回線とルータなどの通信関連機器を設置することで、レセプトオンライン請求がスムーズに可能となる」という。インターフェースは、縦型モニターを採用することで、実際のレセプトイメージに近い感覚で確認・修正作業ができる点が特長だ。電子カルテ「Medicom-DP/X・II」と連携することで、「診療所としての、より高度な医療を提供できる」としている。

三洋電機の出展案内Webページ
三洋電機・メディコムのWebサイト

■三洋電機に関連する「医療とIT」掲載記事
事例研究:花岡こどもクリニック(長野県松本市)


ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 国が本腰「かぜに抗菌薬を使うな!」 リポート◎外来におけるかぜ患者への対応示す「手引き」登場 FBシェア数:1409
  2. 【詳報】成人肺炎診療ガイドライン2017発表 学会トピック◎第57回日本呼吸器学会学術講演会 FBシェア数:108
  3. 「ACOS」は本当に必要な疾患概念なのか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:43
  4. 冷所保存の薬を室温に出しっぱなし!使える? 荒井有美の「今さら聞けない薬の話」 FBシェア数:2
  5. 群大学長「今後も信頼の回復に努めていきたい」 学会トピック◎第117回日本外科学会定期学術集会 FBシェア数:31
  6. 混ぜるな危険、ロラゼパムとロフラゼプ 原崎大作の「今日の薬局業務日誌」 FBシェア数:107
  7. 海外での日本人の死亡原因、最多76%が◯◯ 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:31
  8. PETやSPECTの結果から認知症診断は可能か? プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:51
  9. 東京理科大、クオールでの実務実習を辞退 トレンド(DIオンライン) FBシェア数:214
  10. 急性気管支炎、6割もの医師が「抗菌薬処方」 医師3642人に聞く、かぜ症候群への対応(その1) FBシェア数:172