名古屋記念病院:院内システムの全情報を診療録統合管理システムで一元化

電子カルテ、FileMaker、ProRecordの相互連携を実現

 名古屋記念病院は、2012年1月に電子カルテシステムを導入・稼働させた。従来から活用してきたFileMakerによる診療支援ソリューションを移行・発展させ、電子カルテシステムのとの密な双方向連携を実現した。また、電子カルテ、FileMakerシステム、電子化した紙文書をすべて診療録統合管理システムに一元化。診療記録の検索性、参照性を向上させるとともに、電子診療記録の真正性を担保する仕組みを作り上げた。
 


 

 1985年「がんと免疫」をテーマに、民間のがんセンターを目指して開院した名古屋記念病院は、急性期医療を提供する病院として地域の二次救急医療を担っている。当初から、がん化学療法に注力して多くの治療実績を上げる一方で、地域医療連携にも積極的に取り組み、500人以上の診療所の登録医と病診連携を推進している。2011年には社会医療法人の認定を受け、より公共性の高い医療施設として新たにスタートした。

 また、名古屋記念病院を中心に、新生会第一病院(96床)、透析クリニック(7施設)、障害者支援施設(2施設)とともにHOSPYグループを形成している。名古屋記念病院も血液浄化センターを持ち、グループ全体で約1000人の人工透析患者が通っている。

 同病院は、2004年にオーダリングシステムを入院部門で稼動させた。それ以降、外来部門オーダリング稼動(2007年)、Yahgeeによるメディカルドキュメント統合管理システム稼動(同年)、PACS稼動(同年)と病院情報システムを整備してきた。その一方で1995年頃から文書作成や患者評価、安全管理などにFileMakerを活用するなど、ユーザーメードシステムの構築にも取り組んでいる。

電子カルテ、FileMaker、ProRecordの連携図

 
 2012年1月に稼動を開始した電子カルテは、両備システムズのOCS-Cube CLを採用し、FileMaker診療支援システムとの密な相互連携を実現。同時に導入した富士ゼロックスの診療記録統合管理システムであるApeos PEMaster ProRecord Medical(以下、ProRecord)とも連携し、DICOM画像を除くすべての診療情報の一元化を実現している。
 
●電子カルテをプライベートクラウド環境で運用
 

 今回の病院情報システム更新の最大の目的は、開設後25年が経過し、入院患者の増加や急性期医療への対応などにより、病院内のスペース不足が限界に来ていたことだ。紙カルテの保管は、2カ月分を院内に、1年半分を隣接ビルに、それ以前は院外倉庫というように分散して保管しており、管理・搬送に多大な手間とコストがかかっていた。また、外来、病棟ともワーキングスペースが手狭になっているところに、病院情報システム端末とインターネット用端末が個別に設置され、より業務環境を悪化させていた。そこで、電子カルテを導入することで、診療に必要なスペースをより多く確保することを目的のひとつに据えた。

副院長・総合内科部長の草深裕光氏

 これ以外の目的としては、電子カルテの医療安全向上への活用、電子カルテを中心とした病院情報システムと診療支援として欠かせなくなっているFileMakerシステムとの密な連携と安定稼働の実現、HOSPYグループの病院2施設、透析クリニック7施設とのグループ医療連携や地域医療連携への活用、などが挙げられる。

 名古屋記念病院 副院長・総合内科部長の草深裕光氏は、電子カルテシステムにOCS-Cube CLを採用した理由は、プライベートクラウドの提案があったからだと述懐する。「従来のサーバールームが手狭で、新たにサーバールームを確保するのが困難な状況。各社の提案の中で、唯一プライベートクラウド環境での運用を提案したのが両備システムズでした。2系統で運用していた端末とネットワークを1つに統合してスペース不足を解消したいという要望に対しても、デスクトップの仮想化で運用可能という点も評価しました。また、院外からインターネット経由で病院情報システムに安全にアクセスできるようになることも魅力でした」(草深氏)。

電子カルテにiPadでアクセス。カルテの記事内容、レポート、PDFの指示受けなどが参照可能

 なお今回、全電子カルテ端末は仮想化されており、既存サーバールームの省スペース化とコスト削減を目的に、輸血・調剤・健診などのシステムをはじめWebプロキシサーバーやドメインサーバーなど、15台のサブシステムのサーバーも仮想化した。

 草深氏は、各部門で日常的に利用してきたFileMakerによる診療支援システムとの密な連携が必須であり、その経験とノウハウを数多く持っていたことも評価した点だと付け加える。その他、ノンカスタマイズを基本とする大手電子カルテベンダーに対して、小規模であるがゆえに機動性を有していること、導入コストを比較的低く抑えられること、透析部門システムを実装しており、FileMakerで開発してきた透析業務支援システムに情報を引き継いで透析業務の効率化・安全性の向上が期待できる、というメリットもあった。

電子カルテからFileMakerの起動は、各文書の起動ボタンをクリックする、あるいはポータル画面の診療科別・職種別・部門別メニューなどからファイルを起動できるなど、いくつかの方法が設定。素早く必要な文書やアプリに到達できるように工夫されている

 プライベートクラウド環境で稼動するOCS-Cube CLは、名古屋記念病院で利用しているほか、同病院の血液浄化センターの外来透析部門(40床)を移転・開院した平針記念クリニック(名古屋市天白区天白町:50床)と、グループの障害者支援施設「あしたの丘」2階に併設している新生会付属診療所(名古屋市天白区八幡山:16床)の3施設で同時稼動している。

 電子カルテへ移行後、スムーズに診療業務を継続するためには、過去の紙カルテの移行をどうするかが問題となる。名古屋記念病院では、2011年に受診した患者の診療サマリーを作成することで対応した。「紙の診療録の予定搬送を電子カルテ稼動後2カ月間と決め、6カ月前から20台のiPad+FileMaker Goを導入し、医師の協力の下、外来を中心に約4万件の患者サマリーを作成しました。このFileMakerで構築したサマリーは12月末に新システムへそのまま移行し、現在も職種別に参照・利用しています」(草深氏)という。

ページの先頭へ戻る

前のページへ

次のページへ

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 2018年度診療報酬改定に向けた基本方針案 シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:57
  2. 相撲界の日馬富士騒動を医療界に例えたら…… 東謙二の「“虎”の病院経営日記」 FBシェア数:27
  3. 失敗しやすい第2のポイントは針の進め方と深さ EM Allianceの「知っ得、納得! ER Tips」 FBシェア数:11
  4. 叱られた時のヘコみ度 病院珍百景 FBシェア数:20
  5. TIAを見逃し後遺症 循環器科医の過失を認定 判例に学ぶ 医療トラブル回避術 FBシェア数:23
  6. 「かぜ診療の見直し」は日英共通の課題 特別対談 日英で進む薬剤耐性(AMR)対策 FBシェア数:217
  7. 政策誘導の「はしご」は外されるのが当たり前? 記者の眼 FBシェア数:24
  8. 服用中にチーズを食べない方がいい薬って? 医師のための薬の時間 FBシェア数:6
  9. たばこじゃなくて加熱式たばこなら大丈夫ですか? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:133
  10. アラフォー医師に訪れる危機(クライシス) 鈴木裕介の「キャリア迷子」に捧げる処方箋 FBシェア数:79