嶋崎病院(茨城県日立市):電子カルテシステム導入で部門間の情報共有を強化

コメディカルとの情報共有を強化し、業務の質向上を実現

 嶋崎病院が導入・運用しているシステムは、電子カルテシステム(診療録管理、オーダリング機能など)、病棟看護支援システム、リハビリ管理システム、医療事務管理システムから構成される。システム導入による最大の効果は、ドクター同士の患者経過記録情報の共有はもとより、部門間スタッフの情報共有がより密にできるようになったことだ。その結果、コメディカルの業務の効率と質の向上につながっているという。

●部門スタッフとのカルテ情報の共有により業務の質向上

システム導入を推し進めた嶋崎病院医長の嶋崎直哉氏

 従来の紙カルテ運用時は、放射線技師や理学療法士は通常、ドクターの指示書に基づいて業務を行うが、必要なときにカルテを取り寄せて診療録も閲覧する。紙カルテの移動が伴うことから参照するにも手間がかかる。電子カルテに移行し、各部門スタッフはその場の端末でカルテ参照が可能になったことにより、手間をかけることなくドクターの指示の背景情報を理解することが可能になった。

 「例えば、放射線技師へは単にオーダー内容が明確に伝わるだけでなく、技師自身がカルテ情報を簡単に参照できるので、ドクターがどのような考えのもとに指示を出したのか読み取ることが可能で、目的に沿った的確な撮影等ができるようになりました。以前は、紙カルテを移動して参照したり、技師の問い合わせに対して口頭で説明をする必要があったりしました。現在では、スムーズに業務ができるようになり、質の向上にもつながっていると思います」(嶋崎医長)。

 一方、リハビリ部門は通常、部門カルテ(リハビリ経過記録)を管理しているが、その記録をドクターが参照する際にも、電子カルテシステムと連携するリハビリ管理システムを容易に閲覧できるため、情報の共有性はより高まった。
 
 電子カルテへの移行によって院長が危惧した診療記事入力の際の不慣れなキーボード操作の問題は、医療専門用語辞書を標準搭載した音声入力システム(AmiVoice Ex Clinic/Hospital、アドバンスト・メディア製)の導入によって解消された。「キーボード操作の慣れてきたことに加え、特に整形外科用辞書を搭載したAmiVoiceがとても役に立っています。患者さん1人に要する診察時間は、紙カルテ時代と変わらないところまできました」(嶋崎院長)という。

 また、文書管理システム(Ridoc Document System、リコー製)を導入して紙文書の電子化も果たし、ペーパーレスを実現した。紹介状や各種承諾書をスキャニングして電子化することは多いが、同病院は人工関節など手術に使用した材料管理に文書管理システムを活用している。「人工関節置換術では患者さんに使用したインプラント材料を適切に管理し、何かトラブルがあった際にもどのインプラントを使用したか把握しておく必要があります。材料に添付された文書を、リファレンスナンバーを含めてスキャニングして管理しておけば、10年後であっても容易に対応が可能になります」(嶋崎病棟医長)と述べる。

●モバイル端末と無線LANの活用でベッドサイド業務の機動性向上へ
 

医療専門用語辞書を標準搭載した音声入力システムを利用している

 新病院オープンとともに運用を開始した電子カルテも8か月を経過し、順調に稼動し導入の効果も随所に現れてきている。ただし、現時点では病棟看護支援システムの看護記録機能についてはまだ使用しておらず、従来通りの看護日誌・業務日誌は手書きで記録している。移転作業や病棟業務の変化など、看護師への負担が大きくなりすぎないように考慮した結果である。しかし現在では、看護師から要望も出てきているため、看護記録のシステム運用へ切り替えていく予定だ。

 それに合わせて今後、病棟業務でのモバイル端末の利用も計画している。無線LANとモバイル端末を使ったベッドサイドでの活用、さらにドクターによる病棟診察の際にもモバイル端末を使っていきたいという。このドクターのモバイル端末には、iPadの実験的利用を検討している。

 一方、電子カルテシステムの機能課題として、嶋崎病棟医長はカレンダー機能を挙げる。薬歴や検査結果など情報をカレンダー形式で参照できることはともかく、オーダーに関するカレンダー機能は改善の余地があると指摘する。「Do処方やセットオーダーなどが容易にできることが電子カルテシステムのメリットの1つですが、クリニカルパス運用に向けたオーダーカレンダーがもっと活用できればと考えています。整形外科の手術では比較的、手術準備から手術、入院治療が定型的に実施されることが多いので、クリニカルパスをシステムに載せられれば非常に便利です」(嶋崎医長)。バリアンスによる再計画までいかなくとも、病棟治療計画のスケジューリングを自動化したいと語る。

(増田 克善=日経メディカルオンライン委嘱ライター)


 

■病院概要
名称:医療法人ここの実会 嶋崎病院
所在地:茨城県日立市会瀬町3-23-1
開業:1946年
理事長・院長:嶋崎雅直氏
診療科目:整形外科、形成外科、リハビリテーション科
病床数:47床
Webサイト:http://www.shimazaki-hospital.com/
導入システム:ワイズマン「電子カルテシステムER」「病棟看護支援システムER」「リハビリ管理システム」「医療事務管理システム」

ページの先頭へ戻る

前のページへ

次のページへ

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:188
  2. 味方ゼロ? 誰にも言えない病院経営の修羅場 裴 英洙の「今のままでいいんですか?」 FBシェア数:147
  3. インフルエンザ流行入り、A香港型が中心 寄稿◎2016/17シーズンのインフルエンザ診療の要点 FBシェア数:67
  4. 男性医師は何歳で結婚すべきか、ゆるく考えた 独身外科医のこじらせ恋愛論 FBシェア数:158
  5. 心不全による下肢浮腫に悩む87歳女性への対応 青島周一の「これで解決!ポリファーマシー」 FBシェア数:31
  6. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:660
  7. ピコ太郎はどこまで世界に通用しているのか? 安部正敏の「肌と皮膚の隅で」 FBシェア数:1
  8. 開業日未定でも開業スタッフ確保の秘術 原田文子の「レッツ ENJOY ライフ」 FBシェア数:93
  9. 梅毒の流行が止まらず、11カ月で4000人を突破 パンデミックに挑む:トピックス FBシェア数:381
  10. 「スマホ老眼」を放置すると近視になる! 記者の眼 FBシェア数:97