事例研究:木田整形外科(福井市)

診療報酬などの各種統計データを経営分析にも活かす
電子カルテと画像診断システム連携でペーパーレス・フィルムレスを実現

 2005年7月に開業した木田整形外科(福井市)は、開業時から電子カルテと画像診断装置を導入し、両システムの連携による診療業務の効率化、紙カルテレス・フィルムレスを実現している。院長の本田敬宜氏がシステム導入の際に最も重きを置いたポイントは、「シンプルさや操作性などの使い勝手」と、「機能と導入費用のバランスとコストパフォーマンス」だ。同院の導入事例には、クリニックにおける診療現場のIT化によって「いかに費用対効果を見い出せるか」がターニングポイントなのが見て取れる。




●クリニックでも電子カルテの導入効果は大


 「医師になって以来、外来カルテを毎年転記する作業やレントゲンフィルムを整理する作業など、常にとても大変な作業量を強いられてきました。独立・開業して小さなクリニックを営んでいますが、業務の効率性や費用対効果の視点から見ても電子カルテの有用性は大きいと考えます」。福井市の木田整形外科・本田敬宜院長は、クリニックにおける電子カルテの効用をこう強調する。



木田整形外科院長の本田敬宜氏

木田整形外科院長の本田敬宜氏

 本田氏が木田整形外科を開業したのは、2005年7月。それ以前は福井県の中核病院である福井県立病院に勤務していた本田氏だが、開業にあたっては当初から電子カルテとレントゲンの画像ファイリングシステムの導入を決めていたという。

 「(福井)県立病院も2003年から電子カルテの導入とPACSの電子化によるフィルムレスに移行していました。紙カルテやフィルムの保管スペース、用材のランニングコスト、医事スタッフを含めた業務の効率化などを考えれば、開業に際して紙カルテやレントゲン画像のフィルム出力は、さらさら考えてもいませんでした」(本田氏)と回想する。

 新規開業のクリニックが開業時から電子カルテを導入するケースは増えているが、クリニックにおいては未だに普及率は低いのが現状だ。その理由はさまざまだが、最大の足かせとなっているのは、初期コスト負担が大きいことだろう。本田氏はその点、「開業するなら最低でもレセコンは必須。大手メーカーのレセコンだと数百万円はかかります。が、レセコン一体型の電子カルテであれば、コスト的にも大手レセコン1台分の初期費用とさほど変わりはありません。紙カルテ管理の煩雑さ、スタッフに対する指示のミス軽減、患者さんに対する説明支援……など、さまざまなメリットを考えれば、クリニックにおいても電子カルテの費用対効果は大きいはず」と指摘する。

●大手メーカーの電子カルテは検討外

 本田氏が導入した電子カルテシステムは、医薬品の自動分割分包機など調剤機器設備を手掛けるユヤマの「Brain Box」。無床クリニック向けレセコン一体型の各社製品の中から本田氏が選定したものだが、同氏によると大手の電子カルテメーカーの製品は当初から念頭にはなかったという。

 「病院勤務時代に使っていた大手メーカーの電子カルテが非常に使いにくかった、という経験があったからです。機能が豊富に備わっているからでしょうが、ともかく画面がごちゃごちゃして見にくい。タブやボタンもたくさんあって操作に戸惑うことも多いし、ペンタブレット型のシェーマもありましたが、保存に数十秒もかかるようなシステムでした。そもそも当時は、大手メーカー製のクリニック向け電子カルテが少なかったこともありますが、機能面も含めてクリニックの診療業務を考えて作られていないというイメージが強かったため、最初から大手メーカーの電子カルテは検討候補には挙がりませんでした」(本田氏)。

ペンタブレット入力ができ、Macのような直感的な操作感覚が気に入ったという電子カル

ペンタブレット入力ができ、Macのような直感的な操作感覚が気に入ったという電子カルテ画面

 そうした理由から大手メーカーを除いて情報を収集し、医療情報システムの常設総合展示場である「MEDiPlaza」にも足を運び、最終的に3社の製品の中から導入を決定したのが「Brain Box」だった。ユヤマは電子カルテベンダーとしては「最後発」(ユヤマ)であり、現在でこそ約600の診療所・クリニックへの導入実績があるが、本田氏は全国47番目の導入で、北陸地方では第1号ユーザーだったという。

 「確かに電子カルテベンダーとしての実績はなかったですが、調剤機器設備販売などを中心としたユヤマ自体の業績はしっかりしているし、営業所が各地にある安心感もありました。電子カルテ事業は将来的にも継続されるのか不安がないわけではないですが、それを言えばベンチャー企業はどこも同じ。それよりも使い勝手や、ベンチャーがゆえに“顔の見えるサポート”が期待できると思いました。北陸地方で第1号ユーザーというのも気持ちをくすぐられました……。そもそも、新しもの好きなのでね」と本田氏は笑う。

●画面のシンプルさ・直感的な操作性を重視

 最終的な3社の候補の中から「Brain Box」を選定した最大の理由は、画面のシンプルさと直感的な操作性だという。「最初からたくさんの情報を表示しようとして、ごちゃごちゃした画面構成が多い電子カルテの中で、Brain Boxの画面のシンプルさが非常によかった。ペンタブレット入力ができるうえ、Macのような直感的な操作感覚が気に入りました」と本田氏は指摘する。

「症状選択」時のキーパッド画面

「症状選択」時のキーパッド画面

 「Brain Box」のユーザーインタフェースで最も特徴的なものが、「ユヤマ・キーパッド」といわれる独自の操作ボタンだ。すべての操作は、このキーパッド内に必要なタイミングで、必要なボタンのみを選択的に表示する仕組みだ。その時点で関係のない、多くのボタンを表示せず画面をすっきりさせることによって、操作に関わる無駄な思考を排除し、素早い入力を実現しようというもの。例えば、「症状選択」のときのキーパッドには、「関節痛」や「発熱」など登録した必要最低限のボタンのみを表示し、ペンタッチで入力するだけで簡単にカルテへの記入ができる。画面の各所に配置された多くのボタンやメニュー、ショートカットメニューなどを駆使しなくても、画面右下に配置されたキーパッドのみを見て操作でき、診療思考を妨げないというのが特徴とされる。

 「直感的に、簡単に操作できることは大きなメリットです。ブラインドタッチができる方ならともかく、画面とキーボードを見ながらでないと操作できない私にとって、ペン入力による直感的な操作ができることは、とても楽です。加えて、診療中に患者さんと正対する時間を少しでも多くすることができます」(本田氏)。

 本田氏が「Brain Box」を評価するもう1つのポイントは、医薬品関連データベースが内蔵され、処方時に最新の医薬品情報を閲覧・確認できる点である。薬の用法・用量はもとより、併用禁忌、相互作用チェックなど添付情報の内容が網羅されるとともに、代替薬も閲覧できる。情報は毎月CD-ROMで配布され、最新の情報に更新される。「当初はそんなに使う機能ではないだろうと思っていましたが、薬を処方する際や患者さんが他の病院から処方された薬の鑑別を行うときなど、一緒に画面の写真を見ながらできるので、予想以上に役立っています」(本田氏)。

電子カルテと連動した医用画像診断システムもあわせて導入してフィルムレスを実現

電子カルテと連動した医用画像診断システムもあわせて導入してフィルムレスを実現

 また、電子カルテと連動した医用画像診断システムもあわせて導入し、フィルムレスを実現したことも木田整形外科のIT化の大きなポイントだろう。単純レントゲン画像は、画像診断とファイリング機能を持った日本ポラデジタルのシステムに蓄積され、電子カルテと連携して隣に設置されたモノクロ2Mの画像ディスプレイに表示されるようになっている。整形外科ではレントゲンは必須であり、デジタル画像と電子カルテの連携による業務の効率化、フィルムレスによるランニングコスト削減など、費用対効果は大きいという。

 「DICOM規格であれば、すべての画像が電子カルテ上から呼び出して診断に利用できます。県立病院にMRIなどによる検査依頼したときも画像データをCD-ROMでもらい、電子カルテに統合させています。フィルムの持ち出しや整理などの作業が不要で管理が非常に楽なので、いまさらフィルムには戻れないのを実感しています」(本田氏)。

●各種指標を経営に役立てる

 電子カルテの導入は、医用画像の連携など、診療支援という面で多くの効果を得ている。ただ、“対患者”という視点でみると利点・欠点の双方が見え隠れする……と本田氏は指摘する。

明るく清潔感のある受け付け

明るく清潔感のある受け付け

 「カルテ記入に際しては、操作性がいい電子カルテとはいえ紙に比べれば、患者さんに正対する時間が少なくなりがち。ときどき患者さんの不満そうな視線を感じることがあります。そうした欠点はあるものの、検査結果や診療方針などを患者さんに説明するときに一緒に画面を見ながら納得してもらえる点は大きなメリットです」(本田氏)と、インフォームドコンセント支援の利点を強調する。


 一方、クリニックの経営的視点では、まず紙カルテやフィルムのランニングコスト削減、保管スペースなどの無駄を省く効果を挙げる。それに加えて、紙カルテではできない、レセコン一体型電子カルテならではの医事データの統計を経営に役立てられる利点を強調する。「Brain Box」では、診療行為別診療報酬点数、患者一人あたりの診療行為別診療報酬など多数の日次・月次統計、レセプト1枚あたり診療報酬など各種指標を簡単に見ることができる。


 「最初は眺める余裕もありませんでしたが、さまざまな指標を見るようになると、患者さんの動きを把握して、経営的にいま自分が何を努力しなければいけないか、どこが弱く、どこに無駄があるかなど、ある程度示唆してくれます」(本田氏)といい、経営分析とまではいかないまでも、その機能の利用価値の高さには高い評価を与えている。診療面、経営面のそれぞれの利点・欠点を考慮しても、本田氏は「もうカルテも紙に、レントゲンもフィルムには戻れませんね」と締めくくった。(増田 克善=委嘱ライター)




■病院概要
名称:木田整形外科
住所:福井市木田3-907
院長:本田敬宜氏
開業:2005年7月
診療:整形外科、リハビリテーション科、リウマチ科
導入電子カルテシステム:ユヤマ「Brain Box」

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22