事例研究:小山市民病院

医薬品情報システムを工夫して業務効率化と安全管理向上に役立てる

 小山市民病院 薬局は、2002年10月のオーダリングシステム導入時から、付属する医薬品情報ツールを使用していたが、使い勝手の悪さや機能の低さから、2007年10月、新たに医薬品情報統合システムを導入。さまざまな工夫でシステムの機能を活用し、本来の機能である医薬品情報管理だけでなく、薬剤師の業務の効率化、あるいは服薬指導における安全性管理の支援などに役立てている。




●医薬品情報活動の効率性・効果の向上を目指してシステムを刷新


薬局長の角田芳江氏は「医薬品情報の管理と提供は、薬剤師にとって調剤業務と並んで重

薬局長の角田芳江氏は「医薬品情報の管理と提供は、薬剤師にとって調剤業務と並んで重要な業務」という

 「『薬は“毒”だと思ってください』。極端な言い方ですが、これは化学物質である薬には毒性があり、そこに情報が加わって適正使用ができて初めて効果があることを患者さんに伝えるために言い続けてきた言葉です。ですから、その医薬品情報の管理と提供は、薬剤師にとって調剤業務と並んで重要な業務だと考えています」。小山市民病院薬局長の角田芳江氏は、患者に対する服薬指導や医師に対する正確な医薬品情報提供の重要性について、一貫した考えをこう述べる。

 同病院の薬局では、院内処方だった時代から患者に正しい服薬情報を提供するために、「おくすり百科」というパンフレットを作成してきた。内容は、小児への薬の飲ませ方や使い方を中心としたもので、多数のパンフレットを配布することで、薬の正しい知識を提供していた。また、医師や看護師など医療スタッフに対しては、月1回の頻度で作成・配布する紙媒体の「DIニュース」で医薬品安全性情報および各メーカーからの情報を重大な副作用を中心に提供していた。季節によって需要の高まる医薬品に関する情報などを適宜、編纂しながら、情報を流してきた。

「薬剤師が情報を発信しないと適正な服薬は保てないと考えています。患者さんに処方された薬の正しい情報を伝える服薬指導はもとより、副作用や併用禁忌などの正確な医薬品情報を先生方に適宜提供するために、病棟業務、医薬品情報活動は薬剤師がローテーションを組んで業務の割り振りをしています」(角田氏)という。

 こうした医薬品情報活動をより効率的・効果的にするために、紙ベースの情報提供とは別にオンラインで、よりタイムリーに情報を提供しようと医薬品情報システムの構築を検討した結果、2007年10月に日本ユースウェアシステムの「JUS D.I.」を導入した。

DI業務を担当する薬剤師の眞原達男氏

DI業務を担当する薬剤師の眞原達男氏

 それまでは、2002年に導入したオーダリングシステムに標準で付属する医薬品情報機能を利用していた。ところが、検索機能はないに等しく、操作性・閲覧性も非常に悪く、また情報の質や量も貧弱であったことから、薬剤師はもちろん、大半の医師も利用していなかった。利用されないがために情報の更新もなされておらず、現実的には役に立たない医薬品情報ツールとなっていた。

 「収録されている情報は医薬品の添付文書程度の内容でしたが、添付文書がそのままテキスト形式で表示されているため、用法・用量や副作用など閲覧したい項目まで画面をいちいちスクロールさせないとたどり着けないものでした。そうした操作性の悪さから診療現場ではほとんど利用されず、オーダリング画面に機能を呼び出すボタンがあることさえ知らない人も多かったのです」。DI業務を担当する薬剤師の眞原達男氏は、利用されないツールの実態をこう振り返る。薬局では、鮮度の高い医薬品情報を使いやすいシステムで提供することが大きな課題であり、解決するための高機能なシステム導入が急務となっていた。

●操作性・閲覧性の高さ、情報の鮮度からシステムを選定

 導入したJUS D.I.を知るきっかけとなったのは、薬剤科長の松本道子氏が2006年8月に開催された「日本病院薬剤師会関東ブロック学術大会」に出席した折りに、JUS D.I.の総販売元であるスズケンが会場で催していた展示・デモを見たときだった。

デモを見たとき「医薬品情報の収録だけでなく薬局の部門ツールとしていろいろな使い方

デモを見たとき「医薬品情報の収録だけでなく薬局の部門ツールとしていろいろな使い方ができそうだという印象を持った」という松本薬剤科長

 「オーダリングシステム付属のDIツールが陳腐だったので、JUS D.I.のデモを見たときは、使いやすい上に医薬品情報の収録だけでなく、薬局の部門ツールとしていろいろな使い方ができそうだという印象を持ちました」(松本氏)という。

 薬局では、すでに眞原氏が中心となって医薬品情報システムの選定を検討しており、実は松本氏がJUS D.I.を知ったとき、すでに他社のシステムで予算取りを済ませており、決済を待つ段階だったという。「松本科長から話を聞き、実際に操作画面を見せてもらったところ、簡単な操作で、しかも情報が見やすく視覚的に訴えるものがありました。特に忙しい外来診療の現場で医師が使うことを考えると、操作性の善し悪しは大きな決め手となります。また、情報の更新が毎日行われ、常に最新の情報を提供できることも決まりかけていたシステム選定を覆した要因です」(眞原氏)という。その後、改めて関連部門で再検討し、情報システム委員会において病院全体で利用するシステムとしてJUS D.I.の採用を決定した。

 JUS D.I.の操作性や閲覧性の高さを評価する眞原氏だが、同システムのお知らせ掲示板機能が情報発信や情報共有のツールとしてさまざまな使い方ができるという印象を持ったという。「月1回配布のDIニュースや適宜配布するペーパーでの情報は、忙しい診療業務の中、多くの書類に紛れて見過ごされることも多い。お知らせ掲示板機能を上手く使うことによって、紙媒体とは別ラインで情報発信できるツールを持つことの意義は大きいと考えました」(眞原氏)と語る。

 また、JUS D.I.は既存のオーダリングシステムに影響を及ぼすことなく、院内LAN上にサーバーを立てて利用できるので、システム的な導入障壁が低いことも高い評価に繋がった。

●最新の医薬品情報にアクセスする頻度が向上

 新たな医薬品情報統合システムの稼働によって、以前のオーダリングシステムの付属機能と比較して薬局、診療現場での利用頻度は飛躍的に高まった。導入約3か月後の2008年1月半ばに実施したアンケート調査によると、JUS D.I.の利用頻度の問いに対する答えは、「よく利用する」「たまに利用する」を含めて62%の人が利用している結果となった。また、導入以前と比較して「医薬品情報を調べるのが便利になった」との回答が92%にも上った。調べる情報内容は、「薬効」(36%)に次いで、「用法・用量」、「副作用」などを挙げている。

 システムをよく利用している副院長の栗原克己氏は、システム導入による効果を次のように述べる。

「高価な医薬品集を各科に配布し、常に更新していくコストを考えると長期的に見た経費

「高価な医薬品集を各科に配布し、常に更新していくコストを考えると長期的に見た経費削減にもつながる」と指摘する栗原副院長

 「以前は冊子にした採用医薬品集を中心に使っていたほか、ドラッグス イン ジャパン(DRUGS IN JAPAN:日本医薬品集)のデータをPDA(携帯情報端末)に入れて使っていましたが、調べる手間がかかり、しかも情報の鮮度が古い。導入・運用が始まってからは、毎日更新される最新情報を診察室のほか繋がっている端末から即座に入手できる点を最も評価しています。がん患者を診ることが多い私にとって、がん治療薬における併用禁忌、相互作用は漏らさずチェックすることは重要です。しかし、主だった併用禁忌や副作用は頭に入っていても、すべての情報を記憶しておくのは困難です。常に新しい情報に迅速にアクセスできることは大きなメリットです」(栗原氏)。

 また、抗がん剤の副作用などを患者に説明する際に、同じ画面を見ながらわかりやすく説明できる点も評価している。もちろん、患者は書かれている内容を理解できないだろうが、最近は患者自身でも薬の情報を調べていることが多く、診察後に処方された薬について説明を求められることが多いという。「そうしたときに、検索した情報を見せながらわかりやすく説明することによって、より理解を深めていただけるし、患者さんに安心感を抱いてもらうことができます」(栗原氏)と、治療に対する患者との信頼度を深める効果も見逃せないという。

 さらに栗原氏は、病院経営の一役を担う立場から、市販の高価な医薬品集を各科に配布し、かつ常に更新していくコストを考えると、長期的に見た経費削減にもつながると指摘する。

 一方、前出のアンケート結果でわかったことの1つに、病棟看護師の利用頻度が高いことが挙げられる。「当院では錠剤はヒート包装のまま出さず、1回の服用ごとに一包化したドーズ包装で患者さんに提供しています。その薬が処方どおりで間違いないのかチェックするときに、システムで検索した錠剤の形状・色で確認しているようです」(眞原氏)。紙ベースの採用医薬品集と異なり、薬剤写真を容易に利用できるシステムならではの使い方だ。

 JUS D.I.は採用登録データから医薬品集を作成することができるが、同病院では2か月に1度の薬事委員会開催に合わせて医薬品集を作成。更にPDF形式にした薬剤写真付きの医薬品集をお知らせ掲示板に常にアップしているからこそ、看護師が前述のような使い方で重宝している。JUS D.I.では希な使い方だというが、検索機能と合わせて最新の医薬品集がすぐに閲覧できる環境を整えた効果だ。

端末で医薬品集を開いた画面

端末で医薬品集を開いた画面

●さまざまな工夫で活用の幅を拡大


 看護師向けの写真付き医薬品集もそうだが、さまざまな工夫によってお知らせ機能を単に情報発信の場だけでなく活用している点が、同病院薬局の特徴といえる。その一例が、ハイリスク薬管理に使っている「お薬チェックシート」である。


 2008年4月からハイリスク薬を管理した上での薬剤管理指導料と、他の薬の薬剤管理指導料が2段階に分けられたが、同病院では以前からハイリスク薬管理表を作成し、病棟で利用してきた。「患者さんに処方された薬について、服薬指導の際にいちいちハイリスク薬一覧表で探しながら行うのはとても手間がかかります。そのため薬局長のアイデアで、ハイリスク薬については禁忌・重大な副作用・併用禁忌などについて薬ごとに表にした『お薬チェックシート』を利用しています」(松本氏)。


 ところが、病棟に出向いたときにハイリスク薬が処方されていることがわかると、いちいち薬局まで戻ってお薬チェックシートをプリントアウトしなければならないという煩わしさがあった。そこで、Excelで作成して使っていたお薬チェックシートをPDF形式にしてJUS D.I.のお知らせ掲示板にアップし、プリントアウトできるようにした。それにより、薬剤指導に出向いた薬剤師は薬局に戻ることなく、病棟の端末から必要なお薬チェックシートをその場でプリントアウトできるようになった。


 「こうした活用ができるのも、JUS D.I.の自由度の高いお知らせ機能があるからこそ。本来のお知らせ機能ではないですが、使い方次第で薬剤師の業務を効率化し、安全管理の支援にも役立てられます」(眞原氏)と強調する。


 グループウエアなどの情報交換・共有環境が整っていない小山市民病院にとって、JUS D.I.を医薬品情報の配信ツールとして活用することにはまだまだアイデアがある。薬局と医師との情報交換として、医師の質問に対する回答を薬剤師がノートで交換する「DIノート」を利用しているというが、「このDIノートと併用して、質問と回答をシステムの掲示板に掲載できれば、同じような質問に対しても広く回答を発信できます。今後は、JUS D.I.の高機能をより活用して、医薬情報の伝達ツールとして利用を拡大できればと考えています」(角田氏)と、今後のさらなる活用を展望する。(増田 克善=委嘱ライター)




■病院概要
名称:小山市民病院
住所:栃木県小山市若木町1丁目1番5号
診療科:内科、神経内科、消化器内科、循環器科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、放射線科、リハビリテーション科
病床数:342床
公式Webサイト:http://www.hospital-oyama.jp/
システム開発・導入:日本ユースウェアシステム(東京・品川)
総販売元:スズケン

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22