事例研究:花岡こどもクリニック(長野県松本市)

電子カルテはレセプトとの連携が大きなポイント
ITは患者本意の診療を実現するために欠かせないツール

 生涯にわたる国民一人ひとりの健康にかかわる情報や診療記録の整備。その実現はやはり電子カルテなしでは考えにくいが、電子カルテの普及率は依然として政府の目標を大きく下回っているのが現状だ。「ITは道具と割り切って、もっと使い倒したほうがよい」という花岡こどもクリニック院長の花岡康彦氏は、1999年の独立・開業とともに長野県下でいち早くレセコンと連携した電子カルテを導入し、それ以降、患者満足度の向上などに努めている。同氏はIT化によって、ゆくゆくは地域に根ざした“病診・病病連携”の推進にも活用したいと考えている。同院の導入事例は、レセプトオンライン化を機に電子カルテ導入を検討する診療所・クリニックには大いに参考になるだろう。




●「オープンでわかりやすい」患者優先の診療を目指す


「診療現場で最も大切なのはコミュニケーション」と話す花岡康彦院長

「診療現場で最も大切なのはコミュニケーション」と話す花岡康彦院長

 花岡氏が開業以来、モットーとして掲げているのは、「オープンでわかりやすい診療」だ。患者には、できる限り情報を開示することを心掛けている。電子カルテに書き込む所見などは、すべて日本語。医師にしか分からない略語などはほとんど使わないという。患者の座る席からも、その操作する姿や画面がよく見える。

 「診療現場で最も大切なのは、人間同士の温もりや心のふれあいといったコミュニケーションです。診察の際は、家族構成や育児環境など、かなり立ち入ったことまで聞き出していますが、それは、ファミリーの全体像を把握した上で、温もりのあるコミュニケーション、ひいては診断が成り立つからです」。

 花岡こどもクリニックの評判は、おもに口コミで拡がった。紹介率が高く、セカンドオピニオンを求めたり、親子二代で訪れたりといったケースは希ではない。

 同クリニックには近隣に住む外国人の患者も訪れる。「国籍はさまざま。言葉で意思疎通がうまくいかないこともあります。なので、ディスプレイ上のシェーマ図を見せながら診察を進めることも多々あります」。

診療の際によく使うシェーマ図などのデータはあらかじめ登録し、すぐに呼び出せるよう

診療の際によく使うシェーマ図などのデータはあらかじめ登録し、すぐに呼び出せるようにしている

 診療の際によく使うシェーマ図などのデータはあらかじめ登録し、すぐに呼び出せるようにしている。「電子カルテを操作していると、患者さんより画面に目を奪われるのでは――と懸念する声もありますが、その心配は無用です。患者さんから一時的に目を離すのは、紙のカルテを書いている場合も同じです。自分が使いやすい環境の電子カルテにさえしてしまえば、後は患者さんにもモニター越しに具体的な説明をしやすく、コミュニケーションツールとしてもたいへん便利な“道具”になります」と、一般開業医の危惧を一笑に付す。

 開業以来、もうひとつ変わらない方針が、極力、待たせない診療だ。花岡こどもクリニックでは、患者の待ち時間を短くするために予約制をとっている。開業当初から固定、および携帯電話から24時間の診療時間予約を受け付けるシステムを運用し、2008年にはクリニックのホームページからのインターネット予約、携帯電話端末での画面入力予約も受け付けるようにした。インターネットと携帯電話の対応が功を奏し、ここ数年、待合室の混雑は徐々に緩和されつつある。

 独立・開業の際に、真っ先に掲げた「分かりやすい正確な医療を提供する」「できるだけ待たせない」ことのほかに、もうひとつ目指すものがあった。それは、自分の目が患者の隅々まで行き届く診療……、つまり花岡氏自身で完結する“自己完結型医療”だった。

●電子カルテを院内システムの中核に据える

待合室には諏訪大社の「御柱」をモチーフにした太い柱がどっしりと立つ

待合室には諏訪大社の「御柱」をモチーフにした太い柱がどっしりと立つ

 開業にあたっては、建物のしつらえなど細部にこだわった。間取りや内装は、患者の動線や快適さを最優先して設計した。玄関を入ってすぐ左には、急性期、感染症患者用の待合室が用意される。右側の一般の待合室には、諏訪大社の「御柱」をモチーフにした太い柱がどっしりと立つ。仕切りを取り払えばワンフロアにできるスペースだ。そこで過去に一度、小さなコンサートを開いたこともある。

 開業は、99年10月。同年4月に当時の厚生省から「診療録等の電子媒体による保存について」が通知され、カルテの電子保存が承認された直後だった。

 花岡氏は、開業と同時に電子カルテシステムを導入することに躊躇はなく、むしろ「電子カルテシステムは、“自己完結型医療”を実現するための、院内システムの核として考えていた」という。

 採用したシステムは、三洋電機の「Medicom」(メディコム)シリーズ。実は、同社の国内最初の導入実績でもあった。

セキュリティ面を考慮して電子カルテはスタンドアローンで運用

セキュリティ面を考慮して電子カルテはスタンドアローンで運用

 メディコムを選択したのは、当時、診療所向けの電子カルテシステムを開発中だった三洋電機と、最適な製品を探していた花岡氏のニーズがうまく合致したためだという。「採用のポイントはいろいろとありますが、最大の理由は営業担当者が、幾度となく机のそばに立ち合い、使用状況を見てこちら側の要望を収集するなど、他のベンダーとはその熱意が違ったことです」と花岡氏は振り返る。そして、機能面での評価ポイントは、レセコンとの連携性の高さだったという。「医事システムが優れていたので、レセプト請求業務が一気に簡素化できたメリットは大きい」(同氏)と評価する。

 同院の電子カルテ/レセコンの連携を、患者の動きに沿って簡単に説明しよう。患者が受け付けを済ませると、事務室で入力された患者情報に合わせて、診察室の電子カルテに該当者の情報が表示される。診察時には、時に画面を患者にも見せながら、不安や疑問を解消し、助言を行う。診察後には所見などを画面に入力し、処方を出す。その内容はレセプトデータとして請求書を発行、窓口での会計手続きへ進む。処方箋(せん)は、備え付けのプリンターで出力する。

 受け付けから診察、会計までの流れはスムーズで、待ち時間の短縮にも大いに貢献しており、この一連の連携が、午前中だけで100人を超えるような診察を可能にしている。

受け付け周りは広々として明るい

受け付け周りは広々として明るい

 花岡こどもクリニックでは、開業当初から院内処方はやらない、と決めていた。「周囲からは『どうしてやらないのか、儲からないぞ』という声もありましたが、患者さんを待たせないためには、医薬品は医薬品の専門家に任せて、調剤薬局などとうまく連携するのが望ましい姿だと思ったからです」という。

 さて、電子カルテシステムの導入から9年が経った。花岡氏はその9年間をこう振り返る。

 「開業当初にかかりつけとして訪れて下さっていたある患者さんが、その後松本を離れていたのですが、最近、松本に戻った際、当院に立ち寄ってくれた時のことです。その方が『昔と何も変わっていませんね』と、安堵の表情を見せてくれました。それが、とても嬉しかった」と花岡氏は笑う。もちろん建物だけでなく、人とのふれあいを大事にする花岡氏の医療スタイルが変わっていなかったことに、元患者さんは安心したのだ。花岡氏がそのスタイルを貫けるのも、医療ITシステム構築に支えられたスムーズな診療行為が保たれてこそ、なのである。

●勤務医時代にオーダリングシステム導入に関与

 電子カルテシステムに関心を持ち始めたのは、勤務医時代にオーダリングシステムの導入に携わったことがきっかけだったという。信州大学医学部を卒業後に勤務した長野県内の病院では、増床にともなう情報管理の効率化への取り組みに迫られて、オーダリングシステムを導入することになった。長野県下でも、先駆的な取り組みだったという。このプロジェクトに携わった花岡氏は前例のない中で、医療情報システムについて勉強した。そこで注目したのが電子カルテシステムだった。

医事系コンピューターは受付の内側に整然と置かれる

医事系コンピューターは受付の内側に整然と置かれる

 だが、このプロジェクトはあくまでもオーダリングシステムの導入であり、カルテについては引き続き紙のままだった。医師が手書きしたカルテをもとにクラークがレセコンに再入力する煩雑な仕組み・作業は残った。

 この経験をもとに、「電子カルテとレセコンの連携がうまく取れることが、待たせない医療につながる」と花岡氏は確信した。

 現在、同院における電子カルテシステムはバージョンアップを重ね、より使いやすさを増し、さらにフィルムレスのレントゲンシステムが導入されるなど、年々、システム面での増強が図られている。ちなみに、セキュリティ面を考慮して、電子カルテはインターネットには繋がずにスタンドアローンで運用している。

 長野県内でも電子カルテシステム導入の先駆的な開業医である花岡氏は、システム導入にあたって留意すべき点をこう語る。

 「ITはあくまでもツールであり、手段と割り切るべきです。医師にはそれぞれの診療スタイルがあり、電子カルテに“使われて”しまうと、医師の個性さえ失われる恐れがあります。患者との信頼関係を築くことが何より大切であり、そのためにITをうまく活用していくことが肝要です。その意味で、開業医のほうが、自分でシステムを選択できることや、自分流にカスタマイズして使いやすくするなど小回りが利く分、導入メリットは多いと思いますね」。

●未来の医師に託すための、患者情報の整備

「今後もより地域に密着し、同じ志を持った医師たちと連携した医療ネットワークを作っ

「今後もより地域に密着し、同じ志を持った医師たちと連携した医療ネットワークを作っていきたい」という花岡氏

 では、これから取り組もうとする課題は何か。花岡氏は言う。「まず、患者データのファイリングに取り組もうと考えています。それは、患者さん本人のものだけではなく、家族全員の体質や病歴など、できる限り詳しく網羅するものです。私がいなくなっても次世代の医師たちが、それをもとに安定した医療行為を継続できるための基礎データとして構築したい」と、診療科の枠を超えたEHR(Electronic Health Record)を意識している。


 同氏は続ける。「今後もより地域に密着し、同じ志を持った医師たちと連携した医療ネットワークを作っていきたい」と、夢は膨らむ。


 「信頼」という言葉で結ばれ、患者と医師の絆によって構築された患者情報を、たすきを渡すように次世代の医師たちにつないでいくのを夢見ている。(柏崎 吉一=フリーランスライター)





■病院概要
名称:花岡こどもクリニック
住所:長野県松本市島内442-1
Webページ: http://www.dolphin3.server-shared.com/

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14