事例研究:東京女子医科大学 八千代医療センター

患者・医療従事者・病院経営の視点でフル導入

 千葉県八千代市にある「東京女子医科大学 八千代医療センター」は市民病院的な色彩を持つ地域の中核病院だ。2006年12月に開院した同医療センターはオーダー電子カルテ看護システムを中心に、院内のすべての機能を連携させた医療ITシステムを導入、フルオーダリング、ペーパーレス、フィルムレスを実現している。ここでは、同医療センターにおける医療ITシステム導入の経緯とその効果について検証する。




 2006年12月、千葉県八千代市の急性期医療を担う中核病院として、東京女子医科大学 八千代医療センターが誕生、診療を開始した。同医療センターの開院前まで八千代市では入院医療と救急医療は市外の医療機関に頼る割合が高く、救急・高度医療と入院施設の整備が市民の長年にわたる念願になっていた。そのため、八千代市の誘致を受ける形で、開設された同医療センターは市民病院的色彩が強く、地域医療機関との機能分担・機能連携による地域完結型医療、第3次救急医療に準じた24時間365日の救急医療を実施。またハイリスク出産等に対応できる総合周産期母子医療センター等を設置すると共に、最近、病院や医師不足の小児科、内科、産婦人科に力を入れ、地元医師会と協力して、共同で夜間診療を行っている。

院内の各所にある、視覚的にわかりやすいサイン

院内の各所にある、視覚的にわかりやすいサイン

 同医療センターでは質の高い効率的な医療の提供と病院業務の効率化を図るために、オーダー電子カルテ看護システムを中心に、医療ITシステムをフル導入した。システム化にあたっては、(1)情報の共有とチーム医療の実現(2)病院業務運用の分担・連携の支援(3)診療データの活用による標準医療の策定(4)入院患者、来院患者への各サービスの提供とインフォームドコンセントの充実(5)各種チェック機能による安全性の向上(6)病院経営の効率化と健全化、の6つを主目的に、患者、医療従事者、病院経営それぞれの利便性を視野に入れて、システムを構築した。

 例えば、クリニカルパスによって、検査や外来、入院患者に対する医療行為、入退院の指導などすべてを標準化。それをもとにITで情報を共有し、ドクター、コメディカル、看護師がチーム医療を行うために役立てられるようにしている。また、経営管理システムも導入、病院経営のために、収支状況がひと目で分かるようになっている。加えて、入院病棟のベッドサイドにはPC端末を1台ずつ設置して、患者が好きな食事を選ばせたり、VOD(ビデオ・オン・デマンド)でビデオを見られるようにするなど、入院患者が苦痛を感じることがないようなホスピタリティを確立している。

電子カルテは最小限のカスタマイズで

 東京女子医大が八千代医療センターの建設が始まったのは2005年3月、建設工事と並行して、システム化の目的と要件を決め、コンペを行った結果、富士通の電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-EX」を導入することに決めた。

副院長で外科診療部長の城谷典保氏

副院長で外科診療部長の城谷典保氏

 副院長で外科診療部長の城谷典保氏は富士通を選んだ理由について、「電子カルテシステムを中心に、多くの病院で導入されており、そこで様々な積み重ねがあることから、使い勝手など一番こなれていると判断した」と話す。

 「IT化でまず念頭に置いたことは、“21世紀初の大学附属病院として、診療情報のIT化のみならず、ファシリティマネジメントを含めたIT化から、厨房設備管理、駐車場管制など、ITを駆使した病院全体のマネジメント・システムを構築する”とのコンセプトで進めた」(同センター事務長の井上透氏)。

 そのIT化の実現に際して留意したポイントについて井上氏は、「システムが簡単に陳腐化しないことと、併せてアップグレードが容易であること」「費用対効果上のバランスを突き詰めて、明らかに効果が認められること」「電子カルテについては、原則的にパッケ−ジとして汎用性を重視したものを導入、かつ最小限のカスタマイズにとどめたこと」とする。わけても、電子カルテは「現時点において医療現場に即応した、使用しやすいものがなかなかないことが分かっており、また今後は、大きな改良が必要なことが明白だったため、病院の特殊性を考慮しすぎると、今後のアップグレードの際に割高なコストが見込まれたため最小限のカスタマイズでとどめた」と付け加える。

20以上のワーキンググループでそれぞれのマスターを作成

情報システム課係長の手塚信一氏

情報システム課係長の手塚信一氏

 導入の過程では、外来、入院、手術などの医療業務ごとに20以上のワーキンググループを作り、業務の流れを決めるとともに、システムの内容を検討していった。ワーキンググループはそれぞれ20人ほどで構成され、医師、看護師、コメディカル、ME、事務と院内の全部門のスタッフが必ず参加した。議論は現場の意見や要望を出して、それを集約することを基本にして進めた。そして、そこには富士通のSEにも参加してもらい、パッケージを生かして、できるだけカスタマイズせずに使えるように、様々なアドバイスを受けた。そして、病院の機能ごとに業務を標準化、最終的には500種類以上のマスターを作成した。マスターは医療行為に関わるものが8〜9割、画面設定などシステムに関するものが1〜2割となっており、例えば、外来処置行為では実施場所ごとに異なるなど、非常に細かく作られている。

 情報システム課係長の手塚信一氏は「最も難しかったのは、手術のマスター作成。医療行為、特に、手術は医師によって、1つひとつの行為の呼び方も違う。その結果、様々な要望が出てきて、結局、ワーキンググループでは決めきれなかった。そこで、医師に要望点をすべて出してもらい、最終的に事務長が判断。診療報酬との関係で、点数化し、手術マスターを決めた」と語る。

入院期間の半減やカンファレンスの簡単化などの効果を発揮

 こうして、2006年12月開院と同時に、導入したオーダー電子カルテ看護システム(HOPE/EGMAIN-EX)を中心に、外来から、物流管理、地域連携、薬局、手術、放射線、各検査、医事会計、経営管理まで同医療センターの機能すべてを連携させた病院情報システムが稼働を開始、現在までトラブルなく、順調に運用されている(最下部の図参照)。

診察室の電子カルテ・インターフェース

診察室の電子カルテ・インターフェース

 同医療センターのポータルからログインすることで、院内の全情報にアクセスすることができる。例えば、放射線画像を見たり、検査結果を知りたい場合には、患者名をクリックするだけで、表示される。これによって、X線フィルムや資料をいちいち探す必要がなくなったため、朝のカンファレンスが非常に簡単になり、研修医の雑用も減ったとする。これによって、チーム医療の準備が簡単にできるようになった。

 さらに、クリティカルパスを事前に作成した上で、システムを導入したことで、患者の入院期間を大幅に短縮することができた。城谷氏はITシステム導入の最大の効果について、「東京の女子医大本院では入院してから、検査をするが、ここでは入院前の外来で検査をすませる。そして、クリティカルパスで入院の翌日には手術というように決まっているため、入院期間も通常で1週間程度と、本院の半分以下になった」と胸を張る。

ヘルプデスクでユーザーの習熟度向上を手厚くサポート

 システムを運用する中で、課題になったのが、(1)マスター管理(2)ヘルプデスク(3)変更要望への対処、の3つである。薬剤などは毎日のように変更されるので、変更が正しく反映され、出力されるかどうかを医事課まで出向いて、今まで確認してきた。そうした形でマスター管理を行ってきたことから、この7月頃にはマスターはチェックを終え、定常運用に入ることができる見通しだ。

 また、院内ではベッドサイド端末350台を含めて約2200台のクライアントPCと約200台のサーバーが利用されているが、同センターの専門職員のSEは2名しかおらず、サポートは協力会社が大きな役割を果たしている。開院前には、2カ月ほどかけて一斉教育を行い、新しく入職した職員や転勤してくる医師への教育も随時行っているが、電子カルテやPCの操作に慣れないことも多く、それだけでは十分に使いこなすことはできない。そこで、ヘルプデスクを設け、開院から2007年5月までは24時間態勢で対応に当たった。その結果、ピーク時は1日120件ほどあった問い合わせも、最近では30件ほどに減っていることから、要員を削減、夜間は協力会社のコールセンターに委ね、院内では昼間だけ対応している。

 さらに、実際に医療現場で使ってみて、使いにくいのでシステムを改善して欲しいという変更要望が200件余り上がってきている。それについては、「医療事故につながる危険性があるもの」と、「問題はないが使いにくいもの」に大別し、優先順位を付けて、必要な場合はシステムの変更を行っている。患者の命に関わる危険度の高いものでは、外来でチェックした食物アレルギーの項目が入院側のシステムに反映されないということがあり、これは直ちに修正を行った。

どんな要望にも「Yes,But」で対応したことがIT活用成功の背景

 このように、IT活用がスムーズに進んだ背景について、手塚氏は「医師やコメディカルの様々な要望に対して、ノーとはいわず、ともかく聞いて、その上で返事をする、『Yes,But』という方針でやってきていることが大きいです」と語る。例えば、端末10台足りないといわれても、「少し待って下さい」と答えて調査を行い、重要なところに3台配置するというような形で、すべてに対応している。難しい案件にもあからさまな拒絶をせず、ユーザーの立場に立って前向きに対応することにより、さまざまなステークホルダーからの協力を取り付けることができた。システム全体が定常運用できる見通しが付きつつあることから、同センターでは2007年12月を目標に、協力会社の支援を得て院内のヘルプデスクを廃止し、富士通の協力会社が運営する外部のコールセンターで24時間365日、質問・要望の受付やトラブルの一時対応ができる体制にする予定だ。

 また、2007年10月には病床数が355床になり、フルオープンすることから、1日あたり800〜1000人程度の外来患者が見込まれ、1〜2年後には単年度黒字が実現する。同センターではその時期をメドに、市内の診療所・クリニックとインターネットで結び、クリニックの医師と電子カルテの共有による1患者1カルテにし、病診連携システムを構築する構想を立てている。(菊地原 博=ライター)





■プロフィル
名称:東京女子医科大学 八千代医療センター
所在地:千葉県八千代市大和田新田477-96
病院長:伊藤 達雄氏
診療科目:【内科診療部】呼吸器内科科、糖尿病・内分泌代謝内科、腎臓内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、血液・腫瘍内科、リウマチ膠原病内科 【外科診療部】呼吸器・血管外科、消化管外科、肝胆膵外科、乳腺・内分泌外科、小児外科 【総合母子 小児診療部】母性胎児科、新生児科、小児科、発達小児科 【専門診療部I】脳神経外科、整形外科、形成外科、眼科、婦人科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、歯科口腔外科 【専門診療部II】総合・救急診療科、画像診断・IVR科、内視鏡科、麻酔科、女性科、心身医療科、皮膚科、病理診断科
Webサイト:http://www.twmu.ac.jp/TYMC/

ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. インフルエンザの早い流行で浮かぶ5つの懸念 リポート◎AH3先行、低年齢でAH1pdmも、外来での重症化… FBシェア数:261
  2. 45歳男性。胸痛、冷汗 日経メディクイズ●心電図 FBシェア数:0
  3. 「肩や上腕のひどい疼痛」で見逃せない疾患は? 山中克郎の「八ヶ岳から吹く風」 FBシェア数:1
  4. 医師需給の議論の進め方は「異常かつ非礼」 社会保障審議会医療部会で厚労省の議論の進め方に批判が噴出 FBシェア数:1
  5. 膿のニオイをかぐのはNG? 倉原優の「こちら呼吸器病棟」 FBシェア数:4
  6. 新種カンジダによる侵襲性感染の世界的発生をCDC… トレンド◎3系統の抗真菌薬に耐性化した「C. auris」 FBシェア数:123
  7. ガイドラインにはない認知症の薬物療法のコツ プライマリケア医のための認知症診療講座 FBシェア数:118
  8. 療養病床のあり方に関する議論の整理案まとまる シリーズ◎2018診療・介護報酬同時改定 FBシェア数:1
  9. 医療事故調制度の「目的外使用」が続々明らかに ニュース追跡◎制度開始から1年、現場の理解はいまだ不十分 FBシェア数:87
  10. 教授の真似事をしてみたが…… 薬局経営者奮戦記〜社長はつらいよ FBシェア数:14