事例研究:和楽仁 芳珠記念病院

VOD検査説明システムで実現した患者の不安解消と看護師支援

 病院を訪れる多くの患者は、体調や症状に不安を抱いて来院する。医師の診断あるいは検査結果にやきもきするし、どんな検査をするのか、その内容や目的にも大きな不安を持ち、心配の種は尽きない。特にCTやMRI、内視鏡検査など初めて経験する検査は患者にとって大いに不安だろう。石川県能美市の医療法人 社団 和楽仁 芳珠記念病院は、そうしたCTやMRIなど各種検査を受ける患者の不安を取り除くためにVOD(ビデオ・オン・デマンド:利用者が要求する映像をPCなどからいつでも見ることができるシステム)による検査説明システムを導入した。インターネットを介した医療機関向けポータルサイトで提供される検査説明システムとオーダリング・システムを同一端末で安全に利用できる仕組みを作り、看護師の説明と併用して検査に対する不安を和らげる効果を発揮している。

“患者の不安を安心に変える”ことが医療従事者の仕事

 和やかに楽しく、働きがいを持って患者に思い遣りと良いサービスを提供する――このモットーを医療法人名に戴く「和楽仁 芳珠記念病院」。理事長の仲井培雄氏は、患者の不安を安心に変えることがヘルスケアサービスの本質だと唱える。医療の質を高めること、そして経営の質を高めることによって、それは成し遂げられるという強い信念を持つ。そのために医療の現場にITを活用するとともに、北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科の協力を得て、医療機関として初めてMOT(Management of Technology:ITなどを経営の視点・立場からマネージメントすること)を導入し、「病院のありたい姿、なりたい姿」の実現に向けた組織改革を推進している。

 VODによる検査説明システムを導入も、「患者の不安を安心に変える」ための施策の1つだ。病院を訪れる患者は、自分の健康に不安を持ち、診療に対して不安を抱えている。さまざまな検査に対しても、どのような検査をするのか不安がつきまとうものである。芳珠記念病院では従来、CTや消化管内視鏡、心臓カテーテルなどの検査を実施する際に、そうした不安を取り除くために一人の看護師が患者それぞれに検査内容を説明し、不安や心配を取り除くことに努めてきた。しかし、患者は1回の説明では理解しにくく、かといって何度も聞くことをためらうため、不安を解消するのは難しかった。また、患者の家族も本人同様に心配するため、その対応も必要になる。

システム導入で患者への対応時間の短縮にもつながっている

システム導入で患者への対応時間の短縮にもつながっている

 一方、看護師も患者の家族への説明を何度もしなければならず、業務の負担になることも多い。同病院ではCT、MRI、心臓カテーテル、内視鏡検査などの実施状況は、1週間に平均約400件、集中する月ではCTと上部内視鏡検査で1200件を超えることもある。そうした患者への検査内容や事前注意の説明を担当する「安心窓口センター」の看護師が患者ごとに対応しなければならず、他の業務へ影響もあった。

 そうした課題を解決する方法として同病院が取り入れたのが、オーダリング・システムと連携した、患者がいつでも何度でも不安が解消できるまで検査内容を知ることができるVODによる検査説明ビデオである。

 「患者さんや家族はビデオによる説明であれば、検査内容や検査前の注意事項などがイメージとして十分に伝わります。またオーダリング・システムと連携すれば、看護師はその患者さんが受ける検査をその場で検索することができ、必要に応じて患者さんに適切な説明を加えることができるので、患者さんが満足できる“安心を提供”できると考えました」。仲井氏は導入の目的をこう述べる。

オーダリング・システムと連携した検査説明ビデオシステム

 検査説明ビデオとして同病院では、医療機関向けVOD配信をはじめ、インターネットやメールなど患者アメニティサービスを提供するヴァイタス社のポータルサービス「ME & i」の検査説明ビデオコンテンツを利用している。同社のデータセンターと医療機関はインターネット回線で接続され、メニュー画面で検査を選ぶと所要時間約7分のコンテンツがストリーミングで配信される。現在、提供されている検査説明コンテンツは、CT、MRI、血管造影、マンモグラフィー、内視鏡(上部および大腸)の6種類。


芳珠記念病院のシステム概念図

芳珠記念病院のシステム概念図

 導入した検査説明ビデオシステムの特徴は、オーダリング・システムと連携させたことだ。単に患者が自分でコンテンツを見るだけでなく、必要に応じて看護師がその患者に即した詳細な説明を加えることができるようにしたことである。そのためには、説明担当の看護師はその患者の受けるべき検査内容を知らなければ対応できない。そこで、オーダリング・システムにアクセスして検査オーダを確認することになるが、それを患者の目の前で同じ端末からできるようにした。ここで問題になるのが、インターネットにつながった端末でオーダリング・システムにアクセスすることのセキュリティ上の不安である。

 一般的にはオーダリングや電子カルテシステムの院内ネットワークとインターネットなど外部につながるネットワークおよび端末は完全に分離する。しかし、2種類のネットワークと端末を導入することになれば、導入・運用コストは必然的に倍以上になってしまう。

 そこで同病院では、同じ端末で院内ネットワークのオーダリング・システムと連携しながらセキュリティを確保するために、インテルのvProテクノロジーと呼ばれる技術を搭載したPCによる仮想化技術を利用して、同一端末で独立した機能を使い分けられるようにした。仮想化技術を実装したプロセッサと仮想化ソフトウエアによって、1台のPCで2つのユーザー環境を構築することで、オーダリング・システムとポータルサイトの利用を完全に独立して利用できるようにしたものだ。

 オーダリング・システムへ接続するためには、看護師がFeliCA(非接触ICカード技術)対応の「Edy」カードを利用してログオン認証を行い、患者の検査オーダを確認して、説明ビデオで不足している点を補足している。オーダリング・システムとインターネットの両方に接続できる端末は、患者の相談窓口を一本化した「安心窓口センター」に4台設置した。

 また、さらに外来化学療法センターなどには治療中に各種ビデオコンテンツやインターネットが利用できるアメニティ用端末も設置。これらの端末はオーダリング・システムとの連携は必要ないため、Edyカードはアメニティ向けコンテンツを利用する際の利用料金の電子決済するための手段として利用している。

患者・患者予備軍の自己学習用への活用にも期待

 VODによる検査説明を利用することにより、映像による検査イメージが患者に十分に伝えられ安心できるとともに、患者の質問に対してその都度看護師が答えることもでき、満足度向上に寄与している。「従来は看護師が口頭やパンフレットを使って説明していましたが、検査のイメージがなかなか伝わらず、また説明する看護師が変わるとニュアンスが変わって伝わってしまうことがありました。しかし、説明ビデオなら統一した説明ができ、映像と口頭の説明により、患者さんの不安を取り除くことができるようになるとともに、患者さん対応時間の短縮にも役立っています」(担当看護師)という。あわせて、複数の患者に、いつでも一人の看護師で対応できるようになり、看護師の業務効率の向上や労務環境の向上にもつながっている。

 ただ、コンテンツに生々しい映像もあるため、かえって不安を抱く患者もいたり、コンテンツの説明の長さが支障になり、「利用率は思ったほどでない」(仲井氏)という。今後、コンテンツの見直しあるいは外来の診療待ちを利用した環境にすることによって利用率の向上を図っていく。

 同病院では、このVODシステムをメタボリック症候群や生活習慣病などの療養指導に利用していくという。「現在、糖尿病教室による集団指導と患者一人ひとりに合わせた個別の療養指導を行っていますが、集団指導でVODによるコンテンツを提供できれば、患者さんの自己学習に役立てられます。新たに立ち上げる生活習慣病センターでも診察待ち時間に患者さんが自己学習する場を、また検診センターでのコンテンツによる情報提供できればいいと考えています」(仲井氏)と展望する。(増田 克善=ライター)





芳珠記念病院理事長の仲井培雄氏に聞く


病院のIT化は医療の質・経営の質を創出するツール


 検査説明ビデオシステムをはじめ、救急患者のレントゲン画像を医師の携帯電話(FOMA)に転送する画像モバイル転送システムなど、地方の中堅病院としては積極的な医療のIT化を進める芳珠記念病院。最先端のITによる先進的な病院経営を目指すものではないが、仲井氏のIT化への取り組みは最終目的に確固たる信念がうかがえる。仲井理事長に病院経営の視点でのIT化の意義を聞いた。


――医療現場へのIT導入の目的をどう考えるか。


芳珠記念病院理事長の仲井培雄氏

芳珠記念病院理事長の仲井培雄氏

仲井氏 電子カルテやオーダリング・システム、あるいは検査説明ビデオシステムなど、それぞれは診療業務・看護業務の効率化であったり、医療ミスの撲滅であったり、患者の不安を解消・満足度の向上であったりと、現場レベルの目的はさまざま。しかし、最終的な目標は「病院のありたい姿、なりたい姿」の実現に向けた取り組みについて、ITをベースに実現することと考えています。医療の質、経営の質を評価し、PDCAサイクル(Plan=計画、Do=実行、Check=評価、Act=改善という行動パターン)を回して自分たちのありたい姿、なりたい姿に近づけることが重要であり、そのために医療へのBSC(バランス・スコアカード:中長期的なバランスを取りながら目標を実現するための業績評価モデル)やMOTの導入を試みていますが、そうした手法の仕組み作りとともにITの活用が不可欠になります。そういう意味で、病院のIT化は医療の質・経営の質を創出するツールであるべきです。


――医療の質・経営の質の向上のための仕組みとは、具体的にどういうものか。


仲井氏 TQM(トータル・クオリティ・マネジメント:統合品質管理)の視点で言えば、病院のあるべき姿・なりたい姿を描いて、具体的な実現のための「手段」を策定し、その手段が実行されているかモニタリングする必要があります。評価のための指標は、一般企業と同様に財務的な経営指標とともに臨床指標(クリニカル・インジケータ)を用います。例えば、入院して24時間以内に死亡した件数、退院して3日後に再入院した件数、あるいは異常分娩の件数など、病院全体の指標と診療科目ごとの指標があります。こうしたクリニカル・インジケータと財務諸表に基づく指標をチェックして、目標に向けたPDCAサイクルを確立することが、医療の質の創出、経営の質の向上につながります。


 そのモニタリング、あるいはモニタリングのための基礎データはIT化されていることが必要になってきます。また、現在DPC(診断群分類別包括評価)に向けた対応を進めていますが、そうなった場合には診療コストの可視化が重要。誰が、どんな病状に対して、どのような検査や処置を行ったかを明確化することが大切です。そうした詳細なデータを分析しようとするとサマリー化されたレセコンでは無理で、オーダリングシステムでドリルダウンして検証していく必要が生じます。IT化がなされていなければ、検証業務は大きな負担になります。


――今後の取り組みについてお聞かせください。


仲井氏 医療の質や経営の質の評価を月次サイクルで見える化し、管理していこうという研究を具現化するために間もなくTQMセンターを立ち上げます。当初はさまざまな指標に基づくデータ収集・分析を手作業で実施することになりますが、今後はシステムから自動的にデータを収集し、分析するためのIT化に取り組んでいきます。


 病院の質を創出することは、結局のところ医療従事者が、どう気付き、どうやる気を起こすかに帰結します。そのための仕組みをTQMセンターが担い、そのベースとしてIT化への取り組みが必要不可欠です。とはいえ、IT投資は抑えられるに超したことはありません。しかし、病院の質の創造、未来の創造という視点でITは非常に重要なツールであり、生き残り戦略の中で好むと好まざるにかかわらず、取り組んでいかなければなりません。(聞き手は、増田 克善=ライター)




■病院プロフィール
医療法人 社団 和楽仁 芳珠記念病院
所在地:石川県能美市緑が丘11丁目71番地
理事長:仲井 培雄氏 / 院長:上田 博氏
診療科目:内科・呼吸器科・消化器科・循環器科・外科・肛門科・整形外科・神経内科・脳神経外科・産婦人科・小児科・眼科・耳鼻咽喉科・皮膚科・泌尿器科・形成外科・美容外科・リハビリテーション科・放射線科・核医学科・麻酔科・歯科・矯正歯科
病床数:一般病床200、長期療養病床120床
1日平均外来患者数:501名、病床稼働率:87.9%(一般病床)、98.9%(療養病床)
平均在院日数:15.1日(一般病床)、162.6日(療養病床)



ページの先頭へ戻る

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. わいせつ容疑の外科医、初公判で無罪を主張 「乳腺科医のプライドにかけて無罪を主張します」 FBシェア数:585
  2. トイレにこそ、人間の尊厳がある Dr.西&Dr.宮森の「高齢者診療はエビデンスだけじゃいかんのです」 FBシェア数:480
  3. 原発性アルドステロン症の重症例を見逃すな トレンド◎診断のボトルネックを解消する新たな基準が決定 FBシェア数:200
  4. 下血? 血便? 赤いの? 赤くないの? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:185
  5. 繰り返す乾燥肌やマラセチアの陰に保温肌着 リポート◎保温肌着の愛用者かどうかを聞き取り適切な生活指導を FBシェア数:459
  6. 佐久の医師たちがハッとした海外研修生の一言 色平哲郎の「医のふるさと」 FBシェア数:97
  7. 「どうしてこんな急に!」急変時の家族対応は 平方眞の「看取りの技術」 FBシェア数:34
  8. 輸液の入門書 医学書ソムリエ FBシェア数:0
  9. 医療者は認知症家族との暮らしが分からない 患者と医師の認識ギャップ考 FBシェア数:211
  10. 難治性皮膚潰瘍を再生医療で治す リポート◎大リーガー田中将大投手のケガも治したPRP療法とは? FBシェア数:22