元気と病気の違いはどこにあるのでしょうか。病気を治す、予防するといった「問題解決型」の医療コミュ二ケーションだけでなく、これからは元気に生きるという患者さんの生きがいや生き方にアンテナを張った「目標達成型」のコミュニケーションが大事になってきます。この部分ではコミュニケーションは治療薬の機能をしている。そのうえ、医療者も患者さんから学ぶことが多いという。コミュニケーション力の新たな面を考えさせられます。

こちらからプレゼンテーション全編をご覧いただけます。