病院での医療情報システムの障害とはいったいどういうものでしょうか?コスト、利便性などの問題もある中で、プライバシーはやはり最も大きな問題と言えます。立命館大学の上原先生には「セキュリティーとプライバシーとテクノフォビア」と題したご講演をいただきました。ご講演ではセキュリティーに関するリスクについての考え方、マネージメントについてご紹介いただきました。海外では非常に珍しい一方で、日本ではどんどん普及の進む電子カルテですが、セキュリティーについての考え方を今一度勉強する良い機会ではないかと思います。

こちらからプレゼンテーション全編をご覧いただけます。