整形外科医である生駒先生に糖尿病による足病変についてお話いただきました。糖尿病で足の切断を余儀なくされる患者さんが多いことは医療関係者の常識かと思います。一方で、意外にも糖尿病足病変という概念をしっかりと理解できている医療関係者はそれほど多くない様にも感じます。整形外科医として第一線でご活躍の先生より、実際の症例の紹介と足病変の疾患概念をオーバービューしていただきました。

こちらからプレゼンテーション全編をご覧いただけます。