脳の細小血管病変は高血圧の影響を受けやすく、24時間血圧の中でも特に夜間の血圧上昇と関連が深いことが分かってきた。厳格な血圧管理は脳卒中2次予防にも有効なことが報告されているが、再発や血管性認知症進展を防ぐには、夜間高血圧にも目を向ける必要がある。


詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)