久山町研究によれば、脳卒中の発症リスクは、糖尿病などの代謝性疾患が合併するとより高まる。降圧治療はまだ不十分な現状において、今後の脳卒中予防では、高齢者も含めたより厳格な血圧管理と、急増する代謝性疾患への対策がカギとなる。


詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)