今年1月16日、高血圧治療ガイドラインの第3 版、JSH2009が発行された。作成にかかわった執筆委員、査読委員、評価委員は百数十人。途中で案を公開して、一般から意見を求めるなど、情報の漏れや偏りをなくすという配慮もなされた。これまで日経メディカルに登場してもらったことがあるプライマリケア医とガイドライン作成委員長の荻原氏に、JSH2009と日常診療をつなぐ議論をしてもらった。





詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)