高血圧治療ガイドラインのポイントを作成院に語って貰うこのコーナーの第6回のテーマは「腎疾患合併高血圧」。  「高血圧患者が来院したら、必ず検尿とGFR(糸球体濾過量)測定を実施し、腎機能を評価してほしい。そして、尿蛋白が±あるいは1+の場合は、定量的に評価し、診療の指標とすべき」と伊藤氏はいう。


高血圧患者に必ず検尿とGFR測定を


(画像をクリックすると拡大します)