高血圧患者の病態は高齢になるほど多様化し、実際の降圧治療では医師の裁量が大きくものをいう。そのため、高齢者の降圧目標や降圧薬の選択について、「JSH2009ではJSH2004からの大きな変化はないものの、最新のエビデンスなど判断に役立つ情報を盛り込んでいる」(楽木氏)という。高齢者の高血圧を診療する際の注意点について、ガイドライン作成委員会で上がった論点とともに楽木氏に語ってもらった。


高齢者の降圧目標