2011/12シーズンにおけるインフルエンザワクチンの効果を検討したところ、園乳児組、園幼児組、小学校低学年でインフルエンザワクチンの有効性が認められた。特に園乳児組では有効性が高く、未接種群のインフルエンザ罹患率が36.4%だったのに対し、園乳児組の1回接種群が22.2%、2回接種群が15.7%だった。三重県亀山市での検討結果で、落合小児科医院の落合仁氏らが11月17、18日に横浜で開催された第16回日本ワクチン学会学術集会で報告した。

 発表によると、亀山市では2008年4月から、1歳から就学前までの乳幼児に対して、インフルエンザおよび水痘、ムンプスのワクチン接種費用を助成する事業を実施している。落合氏らはこの事業の継続が市民にとって有意義であることを確認するため、2011/12シーズンにおける乳幼児におけるインフルエンザワクチンの有効性について検討した。

 対象は亀山市内の13保育園に通院している園児の保護者1437人。園児およびその兄弟姉妹のインフルエンザワクチン接種歴とインフルエンザ流行期間におけるインフルエンザへの罹患についてアンケート調査を行った。今回の調査期間に流行していたのはAH3型だった。

 調査の結果、1346人から回答があった。回収率は93.7%だった。兄弟姉妹を含め、インフルエンザワクチンの接種者は、2回接種が1620人、1回接種が164人、未接種が759人だった。

 ワクチン接種率は、未就園(0.6〜1.4歳)で61.2%、園乳児組(1.5〜2歳)で75.2%、園幼児組(3〜5歳)で73.5%、小学校低学年(小1〜3)で69.7%、小学校高学年で61.4%だった。

 調査期間中にインフルエンザに罹患した乳幼児は、未就園の未接種群で116人中22人、2回接種群で178人中26人だった。同様に園の乳幼児組では、未接種群で99人中36人、2回接種群で813人中170人、小学校低学年では、未接種群で80人中36人、2回接種群で286人中84人、小学校高学年では、未接種群で29人中17人、2回接種群で128人中54人だった。

 ワクチン未接種群の2回接種群に対するインフルエンザ罹患リスク比(相対危険度:RR)と有効率を求めたところ、未就園が1.298(有効率23.0%)、園乳児組が2.314(56.8%)、園幼児組が1.289(22.4%)、小学校低学年が1.677(40.4%)、小学校高学年が1.716(41.7%)だった。このうち園乳児組、園幼児組、小学校低学年において、統計的に有意な効果が認められた。

 これらの結果から演者らは、「インフルエンザワクチンは園乳児組以上の年齢で効果を認めた」と結論。その上で「今後もワクチン接種費用助成事業を継続することで、地域でのインフルエンザ流行規模を抑制し、ひいては市民の安全安心に寄与すると考えられる」とまとめた。