インフルエンザ2012/13シーズンを都道府県別に振り返ってみたところ、定点当たり届出数でみた場合、最も流行のピークが高かったのは新潟県で53.81人だった。流行期間の最長は沖縄県で2011年40週から94週連続の流行中となっている(図1)。

 沖縄県を除くと、2012/13シーズンの流行入り(定点当たり届出数が1人を超えた週でその後1人以上が続いた場合)が最も早かったのは佐賀県で、2012年45週だった。全国的な流行入りは2012年50週だった。最も遅かったのは青森県、石川県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、島根県、香川県、鹿児島県で、2012年52週だった。なお、2013年1週には全都道府県で流行入りしていた。

 流行のピークに注目すると、新潟県が53.81人で最多だった。千葉県の53.22人、長崎県の50.91人が続いた。50人を超えたのはこの3県だった。

 一方、最も少なかったのは和歌山県で、21.68人だった。全域で警報レベル(30人以上)に達しなかったのは、和歌山県のほか福井県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、島根県、徳島県、熊本県の2府8県だった。

図1 都道府県別にみたインフルエンザ2012/13シーズン流行の特徴(定点当たり届出数ベース)[クリックで拡大]

 流行期間(1人を超えて以降、連続で1人以上だった期間)をみると、94週連続で流行中の沖縄県を除くと、佐賀県が29週で最も長かった。佐賀県は流行入りが早かった分、他の自治体より長いという特徴があった。

 最も短かったのは茨城県で15週だった。栃木県(16週)、群馬県(18週)、埼玉県(18週)、千葉県(17週)、東京都(16週)、神奈川県(16週)と関東地区で短いという特徴があった(表1)。

 流行入りからピークまでの時間をみると、沖縄県以外では、5〜12週と幅があった。7週が最も多く14自治体で、5週が11自治体、6週と8週が9自治体ずつ、9週が3自治体だった(表1)。

表1 都道府県別にみた流行期間と流行入りからピークまでの時間(定点当たり届出数ベース)

 流行期間(週)流行開始からピークまで(週)備考
全国247 
北海道237 
青森県235 
岩手県248 
宮城県236 
秋田県217 
山形県235 
福島県236 
茨城県156 
栃木県167 
群馬県188 
埼玉県188 
千葉県178 
東京都167 
神奈川県166 
新潟県247 
富山県257 
石川県215 
福井県237全域での警報レベルに達せず
山梨県259 
長野県258 
岐阜県269 
静岡県248 
愛知県227 
三重県226全域での警報レベルに達せず
滋賀県217全域での警報レベルに達せず
京都府215全域での警報レベルに達せず
大阪府215全域での警報レベルに達せず
兵庫県215 
奈良県215全域での警報レベルに達せず
和歌山県217全域での警報レベルに達せず
鳥取県226 
島根県215全域での警報レベルに達せず
岡山県216 
広島県228 
山口県215 
徳島県197全域での警報レベルに達せず
香川県195 
愛媛県236 
高知県218 
福岡県257 
佐賀県2912 
長崎県249 
熊本県246全域での警報レベルに達せず
大分県258 
宮崎県257 
鹿児島県225 
沖縄県94*16** 

*沖縄県は2011年40週から94週連続で流行中
**沖縄県は2012年42週(1.81人)からピークまで