国立感染研究所がまとめている抗インフルエンザ薬耐性株サーベイランス(3月22日時点)によると、2012/13シーズンのタミフル・ラピアクタ耐性株は、A(H1N1)pdm09で5.0%と近年にない高さとなった。2009/10シーズン以降、1.0%、2.0%、0%と推移していた(表1)。

 今回確認された耐性株(2株)は神奈川県横須賀市健康安全科学センターからの報告で、2013年第5週と6週に採取された検体によるものだった。

 A(H1N1)pdm09においては、リレンザ、イナビルでは耐性株が検出されていない。一方、アマンタジンは100%が耐性株だった。

 A(H3N2)では、アマンタジンが100%だったほかは、タミフル、ラピアクタ、リレンザ、イナビルでは耐性株は検出されなかった。B型でも、タミフル、ラピアクタ、リレンザ、イナビルでは検出されなかった。

表1 A(H1N1)pdm09における抗インフルエンザ薬耐性株検出の動向(国立感染症研究所の抗インフルエンザ薬耐性株サーベイランスより作成)

 総解析株数耐性株数
■ 2009/10シーズン   
タミフル/ラピアクタ8145791.0%
リレンザ69400%
アマンタジン77100%
■ 2010/11シーズン   
タミフル/ラピアクタ3844782.0%
リレンザ25600%
イナビル25600%
アマンタジン9999100%
■ 2011/12シーズン   
タミフル900%
ラピアクタ900%
リレンザ900%
イナビル900%
アマンタジン99100%
■ 2012/13シーズン   
タミフル4425.0%
ラピアクタ4425.0%
リレンザ4400%
イナビル4400%
アマンタジン77100%