新着一覧へ

ONTARGET:結果速報

2008/4/8

解説:ONTARGET試験が積み上げたエビデンス

関連ジャンル:
心疾患

 3月31日10:00AM(米シカゴ時間)、米国心臓学会(ACC2008)においてONTARGET試験の結果が発表された。以下、Salim Yusuf氏により発表

表1 患者背景

ONTARGET試験の患者背景と無作為化の状況

 ONTARGET試験では、40カ国733施設における2万5620例(冠動脈疾患、末梢動脈疾患、脳血管疾患、臓器障害を伴う糖尿病を伴うハイリスク患者)が、ラミプリル(10mg/日)群、テルミサルタン(80mg/日)群、両剤の併用(ラミプリル10mg/日+テルミサルタン80mg/日)群のいずれかに無作為に割り付けられた。ラミプリル群(8576例)、テルミサルタン群(8542例)、併用群(8502例)における平均年齢は66.4〜66.5歳、女性比率 26.3〜27.2%、治療前における収縮期血圧は平均141.7〜141.9mmHg、収縮期血圧は平均82.1mmHgであり、3群の背景因子に統計学的有意差は認められなかった。また、冠動脈疾患・脳卒中・糖尿病の合併症率、スタチンや抗血小板薬などの既存の使用薬についても3群間に有意差は認められず、大規模臨床試験において重要となる無作為化のプロセスが良好に行われたことが確認された(表1)。続きはこちらで

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. アロハに仮装…あえて道化を演じる病院長の思い 記者リポート FBシェア数:244
  2. 労基署に踏み込まれる前に医療界がすべきこと 全国自治体病院協議会会長の邉見公雄氏に聞く FBシェア数:653
  3. 肺野陰影の濃度差はなぜ生じるのか? 今さら聞けない画像診断のキホン FBシェア数:0
  4. 米高血圧ガイドライン改訂、基準値130/80に 学会トピック◎第66回米国心臓協会学術集会(AHA2017) FBシェア数:81
  5. 初期臨床研修のローテ、7科必修に戻るらしいよ 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:23
  6. ARB:アジルバ躍進、オルメテック抜き首位に NMO処方サーベイ FBシェア数:2
  7. 画像の異常所見は肉眼でも見てみよう! 画像診断大国の若手医師へ FBシェア数:0
  8. 「骨盤矯正」「肩甲骨剥がし」って何なんだ? 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:773
  9. 休みがちな職員の影響で負担増大、院長も苦慮 榊原陽子のクリニック覆面調査ルポ FBシェア数:42
  10. 72歳女性。左下肢痛、何を想起すべき? カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:2