新着一覧へ

HEAAL:インタビュー

2009/12/16

増量による心不全の改善効果がロサルタンで確認された

北海道大学大学院医学系研究科循環病態内科学 教授 筒井裕之氏

 

関連ジャンル:
循環器
心不全

北大循環病態内科学教授の筒井 裕之氏

 心不全の患者さんに対して、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬やアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)を使う場合、できるだけ高用量を目指して増量していく方が改善効果は大きい。多くの試験で指摘されていることが、今回、ロサルタンについても確かめられた。これがHEAAL試験の最も大きな成果だろう。

 高用量ARBを使う場合、低血圧、腎機能障害、高カリウム血症の3つが問題になる。HEAAL試験では、これらの有害事象によって中止に至った頻度は年間1%以下と極めて低く、しかも150mg群と50mg群で有意差が認められなかった。

 しかし、心不全では腎障害や高カリウム血症などが起きやすいので、高用量ARB投与は、有害事象のリスクが高いのは事実。したがって慎重な投与を心がけるべきだろう。

 もともと日本ではARBの投与量は少なめで、高血圧の治療用量が欧米の心不全に対する用量より少なく、HEAAL試験で示された用量を日本の臨床現場に当てはめるのは注意が必要である。25mgを投与している患者さんであれば50mgに、50mgならば100mgに、など少しずつ慎重に増量していくのが基本だろう。



この記事はPDFでもご覧いただけます。PDFはこちらをクリックしてください。(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. レセプト査定される糖尿病処方、教えます 岩岡秀明の「糖尿病診療のここが知りたい!」 FBシェア数:162
  2. 病像の変化で糖尿病腎症から糖尿病性腎臓病に 特集◎生活習慣病 7つの新常識《5》 FBシェア数:177
  3. 五輪でドーピング…主訴「薬を盛られた?」 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:24
  4. 刃物を持ってくる患者の「予兆」を見逃さないで 院内暴力・セクハラSOS FBシェア数:119
  5. 外科医の寿命を延ばすロボット手術が保険適用に 中山祐次郎の「切って縫うニュース」 FBシェア数:166
  6. いつから、何を使って、どれくらい勉強する? 総合内科専門医試験 「一発合格」への道 FBシェア数:72
  7. 一過性の意識消失で救急搬送された80歳代女性 カンファで学ぶ臨床推論 FBシェア数:0
  8. 肝臓癌で余命半年と宣告された認知症患者 短期集中連載◎重度の認知症患者を診るということ(3) FBシェア数:36
  9. 血糖管理は点から線へ、FGMで変動を調べよ 特集◎生活習慣病 7つの新常識《6》 FBシェア数:36
  10. 主な癌の5年生存率を国際比較 Lancet誌から FBシェア数:28
医師と医学研究者におすすめの英文校正