新着一覧へ

ACTIVE I:結果詳報

2011/6/24

【座談会】

AFへのイルベサルタン投与は心不全による入院を減少

AFに合併頻度の高い脳卒中や心不全に対する影響を検討したACTIVE I試験

関連ジャンル:
循環器
心不全
脳血管

 血管イベントのリスク因子を持つ心房細動(AF)患者に対するARB イルベサルタンの心血管イベント抑制効果を検証した大規模臨床試験ACTIVE I の成績が『New England Journal of Medicine』誌で報告された。

 一次評価項目では、イルベサルタン群とプラセボ群との間で有意差が示されなかったが、二次評価項目の「心不全による入院」ではイルベサルタン群で有意な減少が認められた。

 今回、ACTIVE I 執行委員会のメンバーであるハーバード大学教授のMarc A. Pfeffer氏と、我が国の循環器エキスパートである大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学教授の小室一成氏、熊本大学大学院生命科学研究部医学系生体機能薬理学教授の光山勝慶氏に、ACTIVE I の結果について議論してもらった。


続きはPDFでご覧いただけます。PDFはこちらをクリックしてください。(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)

関連記事

Information PR

ログインしていません

もっと見る

人気記事ランキング

  1. 病室でトコジラミ発見!入院患者をどう守る? リポート◎患者への被害を寸前で防いだ信州大学病院の危機対応 FBシェア数:182
  2. 57歳男性。息切れ 日経メディクイズ●胸部X線 FBシェア数:0
  3. 心筋梗塞を自力で治療し搬送された看護師の話 薬師寺泰匡の「だから救急はおもしろいんよ」 FBシェア数:163
  4. 7%の減量で本当に脂肪肝が治るか検証してみた 記者の眼 FBシェア数:126
  5. 大人の自閉スペクトラム症は第二の新型うつ病? 宮岡等の「精神科医のひとりごと」 FBシェア数:156
  6. 新専門医制度、期待と不安の中で8400人が船出 特集◎走り出した新専門医制度《プロローグ》 FBシェア数:27
  7. 糖尿病治療のEvidence-Based Med… 糖尿病治療のエビデンス FBシェア数:51
  8. サブスペシャリティー専門医はどう取るの? 特集◎走り出した新専門医制度《どうなる?新制度-1》 FBシェア数:50
  9. 精神科単科病院を取り巻く差別の可視化 その死に誰が寄り添うか−精神科単科病院にて FBシェア数:53
  10. 患者さんの死で気づいた診療所の役割 うさコメント! FBシェア数:27
医師と医学研究者におすすめの英文校正