日経メディカル オンラインでは、06年11月から「日経メディカル Cadetto 連動企画」として、医師の給与、勤務実態、現状への不満、将来の展望などをまとめた連載記事を掲載しました。

 医師のキャリアを考える上で非常に役に立つ情報ですので、医師のキャリア設計をサポートする「Career Junction」開設のこの機に、まとめ読みされてみるのはいかがでしょうか。連動企画には13本の記事がありますが、その内容から<給与編><勤務実態編><ヘッドハンター座談会編><キャリアパス編>の4つに分けました。興味のある分野からお読みください。

 <給与編>では、今の若手医師がどれくらいの給与をもらっているか、そしてその給与についてどう思っているかを調査した結果をまとめました。転職する時に、「転職先の給与がどれくらいなのか」ということが決断するときの重要な条件の一つです。35歳以下の医師という条件の調査結果ですが、少なくともこの世代がどれだけの給与をもらっているのか、自分がU35世代の時とどれだけ違うのかなど、転職の際の参考になると思います。

 以下のリンク先から、お読み下さい。

<給与編>

vol.1)「U35」の若手医師の年収はいくら?
(掲載内容)性別、年齢別、勤務機関別の年収調査結果など

vol.2)当直料はアルバイト先の方が高額
(掲載内容)性別、年齢別、勤務機関別の宿当手当、日当手当調査の結果など

vol.3)「診療科による差がない」「当直代なし」など不満続出
(掲載内容)調査対象の医師による、給与関連への不平や不満の声など