勤務実態に対する満足度(大学・市中病院別、vol.4より)

 日経メディカル オンラインでは、06年11月から「日経メディカル Cadetto 連動企画」として、医師の給与、勤務実態、現状への不満、将来の展望などをまとめた連載記事を掲載しました。

 医師のキャリアを考える上で非常に役に立つ情報ですので、医師のキャリア設計をサポートする「Career Junction」開設のこの機に、まとめ読みされてみるのはいかがでしょうか。連動企画には13本の記事がありますが、その内容から<給与編><勤務実態編><ヘッドハンター座談会編><キャリアパス編>の4つに分けました。興味のある分野からお読みください。

 <勤務実態編>では、今の若手医師の勤務時間、昼休みの平均取得時間、1カ月当たりの休日日数、夜間の宿当直回数、他院での外来診療や当直アルバイト回数などの調査結果をまとめました。中でもvol.4では、大学病院の方が市中病院よりも勤務時間は長いという実態を明らかにしています。その他にも、昼休みの平均取得時間、1カ月当たりの休日日数などでも、勤務先によって差が生じていることが分かります。もちろん個々の病院の状況で異なりますが、転職先を選ぶ際に考えておいてもよいでしょう。

 以下のリンク先から、お読み下さい。

<勤務実態編>

vol.4)「12〜15時間」勤務が最多、大学の多忙さ顕著
(掲載内容)性別、年齢別、勤務機関別の1日当たりの平均勤務時間、昼休みの平均取得時間、勤務実態に対する満足度など

vol.5)夜間当直は「週1回程度」が一般的だが…
(掲載内容)性別、年齢別、勤務機関別の1カ月当たりの宿当直回数、他院での外来診療や当直アルバイト回数など

vol.6)「給与が安すぎる」「長期休暇が取れない」
(掲載内容)性別、年齢別、勤務機関別の仕事への不満内容など

vol.7)「安全性を求めるなら私を寝かせてくれ!」
(掲載内容)調査対象の医師による、勤務実態への不平や不満の声など