アジア大洋州脳卒中学会(APSC2011)のリポートのアーカイブです。ご利用ください。


【APSC2011リポート】No.6
日本人ではt-PAの投与量は0.6mg/kgが適切、今後はt-PAの適応時間を延ばすことが課題

 アジア大洋州脳卒中学会(APSC2011)が、2011年9月29日〜10月1日、スリランカのコロンボで開催された。国家公務員共済組合連合会立川病院院長の篠原幸人氏は、シンポジウム「脳卒中の急性期管理」で、日本における脳梗塞の血栓溶解療法の現状について報告し、「日本人では血栓溶解薬アルテプラーゼ(t-PA)の投与量は0.6mg/kgが適切で、今後はt-PAの適応時間を延ばすことが課題である」との見解を示した。


【APSC2011リポート】No.5
脳出血のリスクファクターと転帰に関する最近の知見を総括

【APSC2011リポート】No.4
抗血小板療法では民族差やリスク・ベネフィットプロファイルを考慮することが重要

【APSC2011リポート】No.3
中国では頸動脈狭窄症治療でCASが圧倒的に多く

【APSC2011リポート】No.2
アジア人でSSIPADは脳卒中の重要なサブタイプ

【APSC2011リポート】No.1
ダビガトランの登場を機に、心房細動による脳卒中治療でパラダイムシフト