2018年3月23日、2型糖尿病治療薬セマグルチド(商品名オゼンピック皮下注2mg)の製造販売が承認された。適応は「2型糖尿病」、用法用量は「週1回0.25mgから開始し、4週間皮下注射した後、週1回0.5mgに増量し、維持用量とする。なお患者の状態によって適宜増減するが、週1回0.5mgを4週間以上投与しても効果不十分な場合は週1回1.0mgまで増量可」となっている。

 近年、血糖降下作用にはインスリン以外にも食事の摂取などにより消化管から産生される「インクレチン」が大きく関与していることが明らかになった。インクレチンは、血糖値が高い場合にインスリン分泌を増強するが、血糖値が正常あるいは低い場合にはインスリンを増強しない作用を有する。さらに、グルカゴンの分泌を低下させ、肝臓における糖新生を抑制する。

 これらの特徴を有することから、近年、インクレチンに関連した作用機序をもつ糖尿病治療薬(いわゆるインクレチン関連薬)としてインクレチンの分解酵素(ジペプチジルペプチダーゼ4:DPP4)の選択的阻害作用を有する「DPP4阻害薬」や、代表的なインクレチンホルモンであるヒトGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)の受容体に作用する「GLP-1受容体作動薬」が臨床使用されている。GLP-1は、小腸下部のL細胞から分泌され、膵β細胞でインスリン分泌を促進し、膵α細胞でグルカゴン分泌を抑制し、中枢では摂食抑制ホルモンとして作用する。

 GLP-1受容体作動薬は、作用持続時間から連日投与の短時間作用型(血中消失半減期:2〜5時間)と週1回投与の長時間作用型(血中消失半減期:12時間〜数日)に分類されており、週1回投与が可能な持続性GLP-1 受容体作動薬として、エキセナチド(ビデュリオン)、デュラグルチド(トルリシティ)が臨床使用されている。

 今回、承認されたセマグルチドは3製剤目の持続性GLP-1受容体作動薬で、ヒトGLP-1と94%のアミノ酸配列の相同性を有したヒトGLP-1アナログ製剤である。また、連日投与のGLP-1受容体作動薬リラグルチド(ビクトーザ)と同様にアシル化技術を用いて、さらにその化学構造に重要な修飾を行うことで半減期を約1週間まで延長させた製剤となっている。

 日本人を含む2型糖尿病患者を対象とした国際共同試験では、単独療法および経口血糖降下薬、インスリン製剤の併用療法のいずれにおいても、優れたHbA1cの改善効果と安全性が示された。海外においては、米国(2017年12月)、カナダ(2018年1月)、欧州連合(2018年2月)で承認されている。

 承認時までの国際共同試験からは副作用(臨床検査値異常を含む)が42.4%認められている。主なものとして悪心(15.1%)、下痢(7.2%)、リパーゼ増加(6.7%)、便秘(6.4%)などであり、重大なものは低血糖、急性膵炎が報告されている。また、薬剤使用に際しては、胃腸障害の軽減を期待して少量から開始して4週間後に維持用量に到達する用量漸増法を用いていることにも留意する。