2018年1月19日、抗精神病薬ブレクスピプラゾール(商品名レキサルティ錠1mg、同錠2mg)の製造販売が承認された。適応は「統合失調症」、用法用量は「1日1回1mgから開始し、4日以上の間隔をあけて1日1回2mgに増量し、経口投与」となっている。
 
 統合失調症は、陽性症状(妄想、幻覚等)および陰性症状(感情の平板化、意欲の欠如等)を主症状とする。長期にわたる維持療法が必要な慢性の精神疾患であり、維持治療期における精神症状の再発、再燃防止と患者のQOL向上が重要な治療目標となる。この維持治療に使用する薬剤として、以前は定型抗精神病薬のクロルプロマジン(ウインタミン、コントミン他)やハロペリドール(セレネース他)などが広く用いられてきたが、最近では、統合失調症の治療ガイドラインでも、非定型抗精神病薬が第一選択薬に位置づけられるようになっている。具体的には、リスペリドン(リスパダール他)などのセロトニン・ドパミン遮断薬(SDA)、オランザピン(ジプレキサ他)などの多元受容体作用抗精神病薬(MARTA)、さらにはドパミン部分作動薬(DPA)のアリピプラゾール(エビリファイ他)などである。

 ブレクスピプラゾールは、既存の薬剤と異なる作用機序を有する非定型抗精神病薬である。具体的な作用機序としては、セロトニン5-HT1A受容体及びドパミンD2受容体に対して部分アゴニスト作用を、セロトニン5-HT2A受容体に対してはアンタゴニスト作用を有する、セロトニン‐ドパミン アクティビティ モジュレーター(SDAM)に分類される薬剤である。アリピプラゾールに比べて強力なセロトニン系への作用を示し、ドパミンD2受容体に対する刺激作用を弱めた機能的アンタゴニストとなっている。このことから、体重増加、高脂血症や糖尿病などの代謝性障害やアカシジアを含む錐体外路系症状の軽減、陽性症状・陰性症状・認知機能障害を改善することが期待されている。

 ブレクスピプラゾールは、統合失調症患者を対象とした国内外の臨床試験(プラセボ対照無作為化二重盲検並行群間比較試験)において有効性及び安全性が確認され、さらに国内の長期投与試験においても52週にわたり精神病症状の改善が維持したことが確認された。
 
 海外においては、2017年11月現在、米国、カナダ及びオーストラリアで承認されている。

 承認時までの国内外の臨床試験から副作用(臨床検査値異常を含む)が33.3〜40.3%に認められていることに十分注意する必要がある。主なものとしてアカシジアなどの錐体外路系症状、不眠などの精神神経系症状などであり、重大なものは悪性症候群、遅発性ジスキネジア、麻痺性イレウスなどが報告されている。

■訂正 2018/3/23 21時に以下の訂正をしました。
・本記事のタイトルを、「副作用軽減に期待、新作用機序の向精神薬」としていましたが、正しくは抗精神病薬でした。お詫びして訂正します。