2017年3月30日、オピオイド誘発性便秘症治療薬ナルデメジントシル酸塩(商品名スインプロイク錠0.2mg)の製造販売が承認された。1日1回0.2mgを経口投与する。消化管穿孔の危険性が高まる恐れがあるため、消化管閉塞、もしくはその疑いのある患者、既往歴があり再発のおそれの高い患者には投与しないことに注意する。また、オピオイドの投与を中止する場合には、本薬の投与も中止することにも留意しておく必要がある。

 モルヒネ塩酸塩(アンペック他)、オキシコドン塩酸塩(オキシコンチン他)、フェンタニルクエン酸塩(フェンタニル他)などのオピオイドは、中等度〜高度の癌疼痛の管理に用いられており、中枢のμオピオイド受容体を介して鎮痛作用を発揮する。しかし一方、消化管に存在する末梢のμオピオイド受容体を介して消化管運動および消化管神経活動を抑制することで、いわゆるオピオイド誘発性便秘症OIC) が高頻度に発現してしまう問題があった。このことから、オピオイドによる疼痛管理においては、OIC対策も重要なものとなっている。

 従来からOICに対する薬物治療としては、酸化マグネシウム(マグミット他)などの浸透圧性下剤、ピコスルファートナトリウム水和物(ラキソベロン他)などの大腸刺激性下剤などが国内ガイドラインで推奨されている。しかし、これらの薬剤には電解質異常(高マグネシウム血症など)、腹部膨満感の発現、長期連用による耐性化および習慣化などの問題もあった。

 ナルデメジンは、消化管の末梢μオピオイド受容体に結合してオピオイド鎮痛薬と拮抗することにより、OICを改善する新しい作用機序の日本発の薬剤である。消化管の末梢μオピオイド受容体には結合するものの、血液脳関門の透過性が低下しているため、中枢μオピオイド受容体の作用は阻害しない特徴がある。

 OICを有する患者を対象とした国内第3相癌患者対象検証試験において、オピオイド鎮痛薬の投与量にかかわらず、鎮痛作用に影響せずにOICを改善し、さらに本薬の長期投与試験(12週間)において投与2週目以降もOIC改善効果が持続したことが確認された。海外では、2017年3月23日に米国で承認されている。

 国内臨床試験から臨床検査値変動を含む副作用が29.9%に認められていることに十分注意する。主な副作用は、下痢(21.9%)、腹痛(2.2%)であり、重大な副作用としては重度の下痢が報告されている。