2015年9月1日、抗ウイルス薬レジパスビル/ソホスブビル(商品名ハーボニー配合錠)が発売された。適応は「セログループ1(ジェノタイプ1)のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変におけるウイルス血症の改善」で、1日1回1錠を12週間経口投与する。

 日本は、C型肝炎ウイルス(HCV)を主原因とする肝臓癌の発生率が最も高い国の一つと言われている。日本におけるHCVの推定持続感染者数は190万〜230万人で、うちジェノタイプ1は約7割を占めると報告されている。

 C型慢性肝炎の治療としては、これまでインターフェロン製剤とリバビリン(商品名コペガス、レベトール他)の併用療法などが実施されていたが、近年、持続的ウイルス陰性化(SVR)率を向上させたテラプレビル(商品名テラビック)やシメプレビル(商品名ソブリアード)などの直接作用型抗ウイルス薬(DAAs)が登場し、使用されている。

 2015年5月には、インターフェロン製剤を使用せずリバビリンと併用した経口製剤のみで治療が可能となった、日本初のDAAsであるソホスブビル(商品名ソバルディ)が発売された。ソホスブビルは、ヌクレオチドプロドラッグとして肝細胞内で活性代謝物に変換される。その活性代謝物のウリジン3リン酸型は、HCVの複製に関わる非構造タンパク質5B (NS5B)RNA依存性RNAポリメラーゼを阻害し、HCVの増殖を抑制する。

 今回発売されたハーボニーは、1錠中にソホスブビル400mgとレジパスビル90mgを含有した、HCV RNA合成を阻害するDAAsの配合製剤である。インターフェロン製剤やリバビリンとの併用を必要としない特徴を有している。

 レジパスビルは、HCVの複製およびHCV粒子の形成に必須の、非構造タンパク質5A(NS5A)を標的とする薬剤である。レジパスビルと同じNS5Aを標的とするDAAsとしては、2014年9月よりNS5A複製複合体阻害薬ダクラタスビル(商品名ダクルインザ)が臨床使用されている。

 In vitroでソホスブビルとレジパスビルとの併用は、HCVに対して相加的な抗ウイルス作用を示し、交差耐性も認められなかったことが確認された。このことを踏まえて、配合剤であるハーボニーの国内外第3相臨床試験が実施された結果、SVR12率(投与終了から12週間後のHCV RNAが定量下限値未満の割合)100%を達成した。

 海外では、2015年7月現在、欧米をはじめとする40カ国で承認されている。国内第3相臨床試験から、副作用が21.7%認められていることに注意する。主な副作用は、そう痒感(3.2%)、悪心・口内炎(各2.5%)などであった。

 なお、ハーボニーの薬価は1錠8万171.30円。中央社会保険医療協議会で議論され話題となった(関連記事「C型肝炎治療配合剤ハーボニーの薬価は1錠8万円」)。また新薬は通常14日分を限度とする投薬期間の制限があるが、本薬はソホスブビルと同様、例外措置として28日分の処方が認められている。