2014年12月26日、プロトンポンプインヒビターPPIボノプラザンフマル酸塩(商品名タケキャブ錠10mg、同錠20mg)の製造販売が承認された。適応は、胃潰瘍・十二指腸潰瘍など従来のPPIと同様の胃酸関連疾患であり、詳細な用法用量は添付文書で参照されたい。

 PPIは、胃粘膜壁細胞の酵素H+,K+-ATPaseを阻害し、H2受容体拮抗薬よりも強力に胃酸分泌を抑制する薬剤である。臨床現場で20年以上の使用実績があり、逆流性食道炎などの胃食道逆流症をはじめとする各種消化器疾患の第一選択薬となっている。

 しかし近年、PPIの使用頻度が年々多くなるにつれ、(1)酸による活性化が必要なため効果発現に数日間の服用が必要、(2)肝薬物代謝酵素CYP2C19による代謝の影響があり、投与患者により血中動態および作用に大きな差異が認められる、(3)夜間の酸逆流を抑制するには作用時間が不十分――などの問題が生じてきた。このことから、専門家の間では従来の薬剤とは異なる新しい胃酸分泌抑制薬の開発・承認が熱望されていた。

 今回承認されたボノプラザンは、ランソプラゾール(商品名タケプロン他)をはじめとする従来のPPIと、異なる作用機序でプロトンポンプを抑制する新しいPPIである。具体的には、酸による活性化を必要とせず、カリウムイオンに競合する形でH+,K+-ATPaseを可逆的に阻害し、酸分泌抑制作用を発揮する、カリウムイオン競合型アシッドブロッカーに分類される。

 このカリウムイオン競合型アシッドブロッカーは、既存のPPIに比べて酸に安定で水溶性に優れており、酸による活性化を必要としないため作用発現が速やかで、かつ遺伝子多型のある酵素で代謝されないことなどが特徴となっている。胃潰瘍を始めとした全ての胃酸関連疾患において、ランソプラゾールに対する非劣性と安全性が各種臨床試験で確認された。

 対象疾患によって異なるものの8.2〜20.4%に副作用(臨床検査値異常を含む)が臨床試験で認められている。主な副作用は便秘、下痢、発疹、AST上昇、ALT上昇など。重大な副作用として、ヘリコバクター・ピロリ除菌時に併用するアモキシシリン(商品名サワシリン、パセトシン他)、クラリスロマイシン(商品名クラリシッド、クラリス他)では偽膜性大腸炎などの血便を伴う重篤な大腸炎があらわれることがあるので注意する。