2013年6月28日、高尿酸血症治療薬のトピロキソスタット(商品名ウリアデック錠20mg、同錠40mg、同錠60mg、トピロリック錠20mg、同錠40mg、同錠60mg)が製造承認を取得した。適応は「痛風、高尿酸血症」で、用法・用量としては「1回20mgより開始し、1日2回朝夕に経口投与。その後、血中尿酸値を確認しながら必要に応じて増量。維持量として1回60mgで、最大投与量は1回80mg、1日2回」となっている。

 高尿酸血症は、尿酸塩の沈着に基づく諸症状(痛風関節痛や痛風結節)の原因として知られている。痛風及び高尿酸血症は、日本では約1600万人の患者がいると推定されており、高血圧や脂質異常との関連性や、メタボリックシンドロームのマーカーや動脈硬化の危険因子である可能性が指摘されている。

 高尿酸血症の治療では、尿酸生成抑制薬のアロプリノール(商品名ザイロリックほか)やフェブキソスタット(商品名フェブリク)、尿酸排泄促進薬のベンズブロマロン(商品名ユリノームほか)などを使用した尿酸降下療法が中心となっている。

 今回承認されたトピロキソスタットは、アロプリノールなどと同様、キサンチンオキシダーゼ(XOD)を阻害することで尿酸生成を阻害する「尿酸生成抑制薬」である。ただし、キサンチン(XODの基質)と類似した分子構造を有するアロプリノールとは異なり、XOD以外の核酸代謝酵素を阻害しないことから「選択的XOD阻害薬」に分類される。選択的XOD阻害薬としては、2011年5月に発売されたフェブキソスタットに続く2成分目となる。

 治験では、1日2回投与で血中尿酸値を治療目標値まで低下させ長期に維持することが可能であること、軽度〜中等症の腎機能低下例においても、用量調節せずに通常用量で有効性と忍容性が認められたことが報告されている。

 承認時までの国内の臨床試験では、35.4%に何らかの副作用(臨床検査値異常を含む)が認められている。主な副作用は、痛風関節炎(10.0%)、ALT増加(7.5%)、β-NアセチルDグルコサミニダーゼ増加(7.0%)、α1ミクログロブリン増加(5.9%)、AST増加(5.1%)などであり、重大な副作用として肝機能障害(2.9%)、多形紅斑(0.5%未満)が報告されている。

 また併用禁忌の薬剤としては、フェブキソスタットと同様、XOD阻害作用により骨髄抑制などの副作用増強が報告されているメルカプトプリン水和物(商品名ロイケリン)とアザチオプリン(商品名アザニン、イムラン)が挙げられている。