2011年9月26日、多発性硬化症治療薬のフィンゴリモド塩酸塩(商品名:ジレニアカプセル0.5mg、イムセラカプセル0.5mg)が製造承認を取得した。適応は「多発性硬化症の再発予防及び身体的障害の進行抑制」であり、用法・用量は「1日1回0.5mg経口投与」となっている。

 多発性硬化症MS)は、感覚障害、視神経炎、運動麻痺などが認められる中枢神経系の脱髄疾患で、症状は再発と寛解を繰り返す。四肢の不自由により、車椅子での日常生活を余儀なくされことが多く、厚生労働省の特定疾患に指定されている。国内では約1万4000人が罹患患者として診断・登録されている。

 治療では、急性増悪期に急性期短期療法(メチルプレドニゾロンの大量点滴パルス療法)や血漿交換療法を行うことで、短期的な回復促進効果があることが確認されているが、多発性硬化症では疾患活動性が慢性的に持続するため、長期予後の改善が治療の最大の目的となっている。

 長期的な再発予防進行抑制治療として、アザチオプリン(商品名:イムラン、アザニン他)、ミトキサントロン(商品名:ノバントロン)、シクロホスファミド(商品名:エンドキサン他)などが使用されることもあるが、日本で多発性硬化症に適応があるのは、これまでインターフェロンβ製剤(商品名アボネックス、ベタフェロン)のみであった。だが、患者がインターフェロンβの自己注射を行うには、器具の取り扱い方などを含めた注射訓練やインフォームドコンセントが必要であり、初回導入時に1〜3週間程度の教育入院が必要になる場合が多かった。

 今回、承認されたフィンゴリモドは、多発性硬化症に効果のある薬剤としては国内初となる「1日1回経口投与が可能な経口製剤」である。リンパ球上のスフィンゴシン1−リン酸受容体S1P1受容体)に作用し、この受容体の機能を阻害する(機能的アンタゴニスト作用)ことで、自己反応性リンパ球の中枢神経系への浸潤が阻止され、結果として多発性硬化症の神経炎症を抑制する効果が認められている。

 承認時までのフィンゴリモドの臨床試験では、(1)炎症性の活動性病巣を有する患者の割合減少と年間再発率減少(国内プラセボ比較第2相)、(2)身体的障害の進行抑制と脳萎縮抑制(海外プラセボ比較第3相試験)、(3)年間再発率及び炎症性の活動性病巣数の減少(1年間の海外IFNβ-1a比較第3相試験)──などが報告されている。海外では、2010年8月にロシアで承認されて以降、2011年9月現在、世界50カ国以上の国と地域で承認されている。

 承認時までの国内の臨床試験では、87.0%に何らかの副作用(臨床検査値異常を含む)が認められている。主な副作用は、肝機能検査値異常(31.1%)、鼻咽頭炎(28.0%)、徐脈(11.2%)、白血球減少(9.9%)などである。また、重大な副作用としては、感染症、徐脈性不整脈、黄斑浮腫、悪性リンパ腫、可逆性後白質脳症症候群、虚血性及び出血性脳卒中、末梢性動脈閉塞性疾患などが報告されている。特に感染症に関しては、死亡に至る症例も報告されていると警告欄にも記載されており、十分な注意が必要である。