2011年7月1日、DPP-4阻害薬リナグリプチン(商品名トラゼンタ錠5mg)が製造承認を取得した。適応は「2型糖尿病(ただし、食事療法・運動療法のみで十分効果が得られない場合に限る)」で、1日1回、5mgを経口投与する。

 近年、血糖コントロールには、食事の摂取などにより消化管から産生されるホルモン「インクレチン」が関与していることが明らかになっている。インクレチンは、血糖値が高い場合にはインスリン分泌を増強するが、血糖値が正常あるいは低い場合にはインスリン作用を増強しないのが特徴である。また、グルカゴンの分泌を低下させ、肝臓における糖新生を抑制する作用があることも確認されている。

 このインクレチンをターゲットにした糖尿病治療薬が続々と開発されている。具体的には、インクレチンの分解酵素であるジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)の選択的阻害薬と、インクレチンのアナログ製剤であるGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)の注射製剤である。

 選択的DPP-4阻害薬としては、シタグリプチン(商品名ジャヌビア、グラクティブ)、ビルダグリプチン(商品名エクア)、アログリプチン(商品名ネシーナ)が使用されており、いずれも経口薬である。GLP-1製剤は皮下注射製剤で、リラグルチド(商品名ビクトーザ)、エキセナチド(商品名バイエッタ)が販売されている。

 今回承認されたリナグリプチンは、国内で4番目となる選択的DPP-4阻害薬である。既存の3製剤とは異なり、胆汁排泄型である点が最大の特徴である。排泄経路が腎臓ではなく、主に糞中に未変化体として排泄されることから、腎機能が低下している患者にも用量調節の必要がない。

 米国の調査によれば、2型糖尿病患者の3人に2人が、腎機能障害を起こすリスクを有しているか、または既に腎機能障害を合併しているとの報告がある。こうした患者に腎排泄型の薬剤を投与すれば、血中濃度が上昇し副作用発現のリスクが高まる可能性があるが、胆汁排泄型であれば、そのリスクが少ない。

 本薬は、2011年5月に米国で承認されている。なお日本での適応は、現時点ではリナグリプチン単独療法しか認められておらず、既存のDPP-4阻害薬とは異なる点に注意したい。

 承認時までの国内臨床試験では、11%に何らかの副作用(臨床検査値異常を含む)が認められている。主な副作用は、便秘(2.0%)、鼓腸(1.6%)、腹部膨満感(1.0%)などであり、重大な副作用としては低血糖が報告されている。