2008年12月25日、抗HIV薬マラビロク(商品名:シ−エルセントリ錠150mg)が製造販売の承認を取得した。適応は「CCR5指向性HIV-1感染症」であり、用法・用量は「他の抗HIV薬と併用し、1回300mgを1日2回経口投与」となっている。なお本剤は、ほかの抗HIV薬で十分な効果が期待できない場合、または忍容性に問題があると考えられる場合に限り使用することとなっている。

 日本国内のHIV感染者およびエイズ患者は1万5000人を超え、推定感染者数は年々増加している。これを追う形で、HIV感染治療薬の開発・承認数は、この数年で飛躍的に増加している。処方も、核酸系逆転写酵素阻害薬、非核酸系逆転写酵素阻害薬、プロテアーゼ阻害薬の3系統の薬剤を組み合わせて使用する多剤併用療法(HAART:highly antiretroviral therapy)が確立し、HIV感染者の生命予後は大きく改善している。

 しかし一方で、新たな薬剤耐性ウイルスの出現、多様な副作用による忍容性の低下が問題視されてきており、新たな対策(新しい作用機序を有する薬剤の開発・承認)が切望されていた。こうした声に応える形で、わが国でも2008年夏、上記3系統以外の作用機序を持つ新たな抗HIV薬として、インテグラーゼ阻害薬のラルテグラビルカリウム(商品名:アイセントレス錠400mg)が承認されている。

 ラルテグラビルに続き、今回承認されたマラビロクは、さらに新しい作用機序を持つ薬剤である。具体的には、これまでの4タイプの抗HIV薬がいずれもHIVの細胞内での増殖を抑えることで効果を発揮するのに対して、マラビロクは、宿主細胞に対するHIVの接着および侵入を阻害することで効果を発揮する。

 HIVが細胞に感染するには、宿主細胞膜のCD4に加え、コレセプターとしてCCR5やCXCR4といったケモカイン受容体が必要であり、HIVは、結合するコレセプターの種類によって、CCR5指向性ウイルスとCXCR4指向性ウイルスとに分類される(両方を使用するタイプもある)。マラビロクは、HIVとCCR5との結合を阻害することでHIV侵入阻害作用を発揮する薬剤であり、CCR5指向性のHIVにのみ有効である。

 海外では、2007年8月に米国及び欧州連合(EU)で承認されて以降、2008年11月現在、49カ国で承認されている。日本では希少疾病用医薬品に指定され、海外の第3相試験の安全性および有効性の解析結果から、今回の承認に至っている(国内臨床試験は実施されていない)。

 新しい作用機序を有するマラビロクの登場で、HIV感染症治療における選択肢の幅が広がり、患者のQOL向上に大いに貢献するものと期待される。ただし本薬剤は、CCR5指向性のHIVにしか効果がないため、事前にウイルスの指向性検査を行って使用する患者を選別する必要がある。

 また、本薬剤が肝薬物代謝酵素CYP3A4の基質であることから、CYP3A4阻害作用のある抗HIV薬(大部分のプロテアーゼ阻害薬)などとの併用では、本薬の血中濃度が上昇するおそれがあるため、用量を150mg、1日2回に減量するしなければならない。投与によって生ずる副作用としては、発疹、不眠症、便秘、腹痛、消化不良、味覚障害、咳嗽などが報告されている。