2007年7月12日に、抗悪性腫瘍薬のリン酸フルダラビンの経口剤(商品名:フルダラ錠10mg)が発売された。プリンヌクレオチド類似体であるフルダラビンは、DNA合成を阻害することで抗悪性腫瘍作用を示す代謝拮抗性の薬剤で、今回発売された経口剤の適応は「再発または難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫およびマントル細胞リンパ腫」である。なお、同薬の注射剤(商品名:フルダラ静注用50mg)は1999年から販売されているが、適応は「貧血または血小板減少症を伴う慢性リンパ性白血病」で、今回承認された経口剤とは異なっている。

 悪性リンパ腫には、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫があり、非ホジキンリンパ腫は、癌化したリンパ球の種類によって、さらにB細胞性とT細胞性に分類される。日本では、悪性リンパ腫の9割を非ホジキンリンパ腫が占めており、また非ホジキンリンパ腫の7割がB細胞性なので、フルダラ錠の適応となった「B細胞性非ホジキンリンパ腫」は、悪性リンパ腫全体の約6割を占める計算になる。

 さらに非ホジキンリンパ腫は、進行のスピードによって、低悪性度(年単位で進行)、中悪性度(月単位で進行)、高悪性度(週単位で進行)に分類されるが、同薬の適応となったのは、細胞分裂が盛んでないため、化学療法が奏効しにくいとされてきた低悪性度のB細胞性非ホジキンリンパ腫である。また、もう一つの適応であるマントル細胞リンパ腫は、B細胞非ホジキンリンパ腫の一種で、2〜3%を占める比較的頻度の低い病型だが、悪性リンパ腫のうちでも最も難治性が高いものの1つとされる。

 これらの難治性の悪性リンパ腫に対する治療法として、2001年から使用可能となった抗CD20抗体であるリツキシマブ(商品名:リツキサン)を、CHOP療法(シクロフォスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾロンの併用療法)に組み合わせる「R-CHOP療法」が行われるようになり、近年、治療成績が向上している。しかし、このR-CHOP療法が奏効しない症例もあり、専門医の間では、さらなる治療成績向上のために新たな治療法が待ち望まれていた。

 日本での臨床試験は、治療歴を有する低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫およびマントル細胞リンパ腫を対象として、2001年から第1相試験、2003年より第2相試験が行われ、第2相試験では、低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫46例で奏功率65%(完全寛解:14例、部分寛解:16例)、6例のマントル細胞リンパ腫で奏功率17%(部分寛解:1例)だったことが報告されている。ちなみに、2007年1月現在、リン酸フルダラビンの錠剤は「慢性リンパ性白血病」の適応で、米国やイギリスなど74カ国以上で発売されているが、「低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫」の適応を有しているのは、日本とベトナムの2カ国のみである。

 承認までの国内臨床試験では、検討症例64例すべてに副作用が認められている。ほぼ必発する副作用として、リンパ球減少(96.9%)、白血球減少(96.9%)、好中球減少(95.3%)などの骨髄抑制があり、それに伴って免疫不全等も生じる危険性があることから、頻回の臨床検査(血液検査等)を行うなど、十分な注意が必要である。