過去数十年にわたって私たちは、医療関係者であろうとなかろうと、健康と体について間違った見方をしてきた。すなわち、体が非常に複雑なシステムであることを忘れて、健康・不健康のただ一つの原因、たとえば遺伝子の変異や欠損、細菌、血圧、血糖値の異常などを見つけようとしてきたのである。このような近視眼的な見方は、私たちを道に迷わせたばかりか、医師たちは、学位を取るときに暗唱したはずの「何よりも、害を成すなかれ」というヒポクラテスの誓いを破るようになった。

 医学における偉大な発見のほとんどは、この60年の間に起きた。1928年にペニシリンが発見され、感染症との戦いは一変した。その後、私たちの寿命は、数年から数十年延びたが、それは喫煙の減少、食事内容の改善、診断と医療技術の進歩、的を絞った治療、コレステロール降下剤をはじめとする薬の進歩など、さまざまな理由によるものだ。

 米国において、心血管疾患は1921年以来、死因のトップであり、脳卒中は、1938年以降、3番目の死因となっている。これらの血管の疾患は、死因のおよそ40パーセントを占める。しかし、1950年以降、心疾患による年齢調整死亡率は60〜70パーセント低下しており、それは20世紀の公衆衛生の偉業の一つに数えられている。

 しかし、このような勝利の傍らに、厄介な事実が横たわっている。がんによる死亡率(米国疾病予防管理センター(CDC)の最新データによる)は、1950年から2007年まで、ほとんど変わっていないのだ。他の慢性疾患に関しては目覚ましい進歩があったが、がんに関しては、ほとんど進歩がないのである。とは言え、特定のがんについて、多少の前進はあった。

 たとえば、慢性骨髄性白血病は、まれなタイプの白血病で、以前は、骨髄を移植できた少数の人を除けば、発症は死の宣告に等しかった。しかし、2001年5月、グリベック(メシル酸イマチニブの商品名)がFDA(米国食品医薬局品)の認可を受け(同月、それはがん治療の「特効薬」としてタイム紙の表紙を飾った)、患者の大半を回復させる見込みが出てきた。グリベックは、この病気に見られる特定の染色体の転座(9番染色体の一部と22番染色体の一部が融合する)を標的とする。臨床試験における奏効率(がんが縮小したり消滅したりする患者の割合)は、90パーセントを超えた。ほとんど副作用のないこの薬のおかげで、死の床にあった人々が、普通の生活に戻ることができたのだ。しかし、情けないことに、それ以外の肺、結腸、胸、前立腺、脳などを蝕む、より一般的ながんの死亡率は、この数十年、ほとんど変化がない。

 私が聴衆に図表1の「米国における死因の比率の変化」を見せると、いつも、何人かがあぜんとして息を飲むのがわかる。これはどういうことだ? 調査が間違えているのか? データが間違っているのだろうか? 2009年の「TED MEDトーク」で、他の37枚のスライドとともに掲示したところ、この図に関して数百通の電子メールが届いた。その多くは攻撃的なもので、私が悲観主義者であり、データを操作したのではないかと非難していた。私としても、もっと良いニュースをお知らせしたかったのだが。

図表1 米国における死因の比率*の変化(1950年から2007年)
*2000年時点の米国標準人口に年齢調整済み
出典:1950 Mortality Data-CDC/NCHS,NVSS,Mortality Revised.2007 Mortality Data-National Center for Health Statistics,Centers for Disease Control and Prevention,2010.http://www.cdc.gov/

 心血管疾患や脳卒中は、スタチン(コレステロール降下剤)のおかげで死亡率が大いに下がった。肺炎や感染症も、抗生物質や抗ウイルス剤が目覚ましい効果を上げている。しかし、がんに関して効果的な治療法や薬は見つかっていない。世界規模で見ると、さらに驚くような事実に気づかされる。エイズなど、途上国にありがちな病気による死を連想しがちなサハラ以南の国々でさえ、HIV、結核、マラリアで亡くなる人の総計より、がんで亡くなる人のほうが多いのだ。2010年には、慢性疾患が世界全体の死因のトップになった。したがって、この問題は、米国だけのものではない。全世界に大きな影響を及ぼしているのである。