切除不能・進行大腸癌のファーストラインにおける治療を検討した研究として、抗EGFR抗体薬を用いたPRIME試験OSアップデート解析、PEAK試験、FIRE-3試験の結果が今年に入って相次いで発表された。さらに、抗EGFR抗体薬の使用にあたり、現在はKRASエクソン2遺伝子変異の解析が行われているが、その他のRAS遺伝子変異を解析する必要性を示唆するデータも報告された。これらの臨床試験の結果をどのように解釈し、いかに今後の診療に応用すべきだろうか。

 本座談会では、神戸大学大学院医学研究科外科学講座食道胃腸外科学教授の掛地吉弘氏(写真左)に座長を務めていただき、愛知県がんセンター中央病院薬物療法部部長の室圭氏(写真中)、国立がん研究センター生物統計部門部門長の山中竹春氏(写真右)に、最近発表された臨床試験の結果の解説、ならびに近い将来の切除不能・進行大腸癌患者に対する治療戦略の考え方について議論していただいた。

詳細はこちら(PDFウインドウで開きます)