患者の治療方針は地域によって違いがあり、その違いはそれぞれの地域のガイドラインにも反映される。新しい分子標的薬が次々に開発され、かつ臨床応用されている大腸癌領域では、欧米で使用される薬は日本でもほぼ使えるようになってきた。それに伴って、日本の大腸癌治療ガイドラインは近年大きく変化している。

 本座談会では、米国Mayo Clinic Department of Oncology 教授のAxel Grothey 氏の司会のもと、愛知県がんセンター中央病院薬物療法部長の室圭氏、国立がん研究センター東病院消化管内科の吉野孝之氏に、米国のNCCNガイドラインと欧州のESMOガイドライン、そして日本の大腸癌治療ガイドラインの特徴を解説いただき、3つのガイドラインの違いを明らかにするとともに、臨床への応用について議論いただいた。

詳細はこちら(PDFウインドウで開きます)