今回のGASTROINTESTINAL CANCERS SYMPOSIUM(ASCO GI)では膵癌領域において、日本人における術後補助化学療法の標準を変える発表を始めとして、多くの注目演題がありました。

S-1の術後投与で死亡リスクを44%低下

 まず、日本人の術後補助化学療法に関して行われたフェーズ3試験であるJASPAC-01 試験です(演題番号:145)。静岡がんセンター副院長兼肝・胆・膵外科部長の上坂克彦氏が報告しました。日本人の病期I期(UICC 第6版)から動脈合併切除を施行したIII期の膵腺癌の術後補助化学療法としてS-1を投与すると、ゲムシタビン投与に比べて全生存(OS)率を有意に高めることが示されました。

 膵癌の場合は、手術だけで治ることはほとんどなく、再発する人が多くを占めます。そこで治癒率を上げるための補助化学療法が実施できる場合は、必須となります。今まではゲムシタビンと5-FU/LVが同等の成績で、使いやすさや副作用の点からゲムシタビンが標準治療とされていました。

詳細はこちら(PDFウインドウで開きます)