切除不能大腸癌に関して、化学療法によるconversion治療が話題になっている。なかでも肝転移例に対するconversion治療の効果は顕著であり、化学療法に分子標的薬を上乗せすることで、肝切除率はさらに高くなってきた。しかし、肝切除を目指した場合のfirst line治療の選択について、何がよいのかは前向きな検証試験の結果が明らかになっていないため、標準化学療法にどの分子標的治療薬を併用すべきかに関して、未だ結論が出ていない。また、切除可能例に対する術前化学療法の意義についても意見は一致していない。

 そこで今回、熊本大学消化器外科学教授の馬場秀夫氏(写真中)の司会により、東北大学大学院消化器外科学分野教授の海野倫明氏(写真右から2番目)、防衛医科大学校病院腫瘍化学療法部部長の市川度氏(写真右)、愛知県がんセンター中央病院薬物療法部部長の室圭氏(写真左)、東京医科歯科大学応用腫瘍学講座准教授の植竹宏之氏(写真左から2番目)に、大腸癌肝転移に対する治療の現状と今後の展望について議論していただいた。




詳細はこちら(PDFウインドウで開きます)