腎細胞癌(RCC)において、ソラフェニブの承認から4年が経った。国内外で6900例にも及ぶ治療成績が蓄積され、国内の市販後全例調査でも、その有効性と安全性が確認されている。だがRCC治療に使える他の薬剤と、どのように組み合わせ、どういった順番で使用することが、より生存期間延長に寄与するかは議論が多い。

 日本医科大学附属病院泌尿器科 准教授の木村剛氏に、ソラフェニブの最新の臨床データをはじめ、他の薬剤との比較、そして逐次治療sequential therapy)の現状などについて解説いただいた。


 まず自施設の治療成績を紹介しましょう。1986年〜2010年にRCC患者646例の治療が行われ、このうち転移例は187例(29%)でした。

 進行性RCC治療は局所療法と全身療法による集学的治療が中心です。日本医科大学では、全身療法として、サイトカイン時代には、インターフェロン(IFN)-α、インターロイキン(IL)-2、LAK療法などの免疫療法を中心に、そのほかに5-FUやシスプラチンなどの抗癌剤を使っていました。分子標的薬が登場してからは、サイトカイン療法に加え、分子標的薬を使った逐次治療を行っています。また局所療法として、手術やラジオ波焼灼術(RFA)、動脈塞栓術(TAE)、放射線外照射療法(EBRT)、ガンマナイフを併用しています。

詳細はこちら(PDFウインドウで開きます)