近年、進行非小細胞肺癌(NSCLC)の新たな治療戦略として維持療法(maintenance therapy)が注目され、そのエビデンスの集積が進んでいる。

 今回、横浜市立大学呼吸器病センター准教授の坪井正博氏(写真中)に座長を務めていただき、九州大学呼吸器内科准教授の高山浩一氏(写真右)、京都大学呼吸器内科の金永学氏(写真左)に、NSCLCの新たな治療戦略としての維持療法の有効性と今後の展望について議論していただいた。

 NSCLCの維持療法は、これまでにまずswitch maintenanceで良好な成績が示され、続いてcontinuation maintenanceで数々の知見が得られてきた。そして近年、ペメトレキセドを用いた維持療法を評価したPARAMOUNT試験に続き、ペメトレキセド+ベバシズマブを用いた維持療法を評価したAVAPERL試験の結果が発表され、話題となっている。


詳細はこちら(PDFウインドウで開きます)