5月1〜2日、韓国ソウルで、6th Asia Pacific Medical Education Initiative 「Molecular Targeted Therapy of Cancer」(MTTC)が開催された。

 日本を始め、中国、香港、韓国、シンガポールなどで癌診療に携わる医師が集まり、分子標的治療に関する基礎研究から臨床研究の成果を発表、活発な議論を行った。

 ここでは、MTTCに参加した10人の医師に、会議の概要と注目したポイントを解説してもらう。Part2は、癌研有明病院化学療法科の篠崎英司氏、慶應義塾大学呼吸器内科の副島研造氏、近畿大学医学部附属病院内科学講座腫瘍内科部門の鶴谷純司氏、北海道大学第三内科の福島拓氏、静岡県立静岡がんセンター消化器内科の山崎健太郎氏だ。


癌研有明病院化学療法科 篠崎英司氏





慶應義塾大学呼吸器内科 副島研造氏





近畿大学医学部附属病院内科学講座腫瘍内科部門 鶴谷純司氏





北海道大学第三内科 福島拓氏





静岡県立静岡がんセンター消化器内科 山崎健太郎氏