筑波大学大学院人間総合科学研究科臨床医学系消化器内科教授 兵頭一之介氏

 今回のASCO GIでは、日本でも広く使用されるようになってきた抗上皮成長因子受容体EGFR)抗体製剤に関して、従来の化学療法への上乗せ効果の臨床的な検証に、分子生物学的な解析を加えた発表が目立ちました。また、どのような患者に使用すると最も効果が高いのか、逆に効果が得られないのはどのような患者かといった、より実地臨床に即した発表が多かったと思います。

 ここ数年の傾向ですが、次世代を担う期待の新薬候補に関しては、残念ながら今回も発表されないままでした。大腸癌の治療については、現在使用できる治療薬を最も適切に使用するにはどうすべきか—という点が、しばらくはメインテーマとなりそうです。

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)