北海道大学病院第一外科・助教 高橋 將人氏

 今回のサンアントニオ乳癌シンポジウムSABCS2009)におけるホルモン療法に関する領域で注目したのは、閉経後乳癌術後アジュバント療法としてアロマターゼ阻害剤AI剤)のエキセメスタンが、投与の時期にかかわらず十分に効果のあることが示されたことです。また、効果のある患者を選び出す個別化医療が新たなトレンドになりつつあることも分かりました。

詳細はこちら(PDFファイルを別ウィンドウで開きます)