最近の抗癌剤治療の副作用として見られるのが皮疹。この新しい副作用に対して病院薬剤師はどう対応すべきか。調剤薬局の薬剤師が知っておくべきことは何か。静岡がんセンター薬剤部の鈴木賢一氏に解説してもらった。



分子標的薬
 近年、癌薬物治療において分子標的薬の出現により、治療戦略が大きく変わりつつある。分子標的薬は癌細胞の増殖や転移に関わる分子を特異的に標的とするため、骨髄抑制や腎障害などの重篤な有害反応発現率は低い。また治療コース数に制限がなく、長期的に服用が可能であるなど、従来の殺細胞性抗癌剤と比較しその特徴は大きく異なる1)

 分子標的薬剤の有害反応においては、エルロチニブセツキシマブなどに代表されるように皮膚症状が特徴的といえる。非小細胞肺癌治療においてEGFR遺伝子変異を有する場合は、ゲフィチニブ、エルロチニブなどの分子標的薬剤がしばしば使用される。上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害剤EGFR-TKI)と呼ばれ、癌の増殖に必要なシグナル伝達を抑制することで抗腫瘍効果を表す。EGFR遺伝子変異がゲフィチニブの効果予測因子となり得るとの報告もあるため2)、治療に際しあらかじめEGFR遺伝子変異を検査する施設が増えつつある。また転移性の大腸癌患者を対象としたセツキシマブにおいても、皮膚症状と有効性の相関を検証する臨床試験(EVEREST試験)が行われ、皮膚症状が効果の指標となることが示唆されている。

 したがって皮膚障害は必ずしも“有害”ではなく、治療効果のマーカーとなり得ることを考慮すると、発現した際の予防や症状緩和のクオリティが服用継続期間を左右すると言っても過言ではない。少なくとも皮膚障害が理由となって治療が中止されることのないよう、薬剤師には適切な皮膚症状管理のための薬学的支援が求められる。

*なぜ皮膚障害が発現するか?

 上皮増殖因子受容体(EGFR)は多くの腫瘍で過剰発現しているが、その他皮膚の組織にも分布し増殖や分化に関与している。活性化EGFRが著しく減少すると角化異常が起こるため角化亢進や毛包の炎症、角質の菲薄化による水分保持の低下などが起こる3)。また阻害されるEGFRの発現部位によってあらわれる皮膚症状は異なり、表皮基底細胞では皮膚乾燥、脂腺細胞では脂漏性皮膚炎、外毛根鞘細胞ではにきび様皮疹などにつながると考えられている。

図1 皮膚の構造とEGFR発現部位(中外製薬株式会社より提供、画像をクリックすると拡大します)