GEヘルスケア・ジャパンは11月11日、肝細胞癌へのラジオ波焼灼療法(RFA)などで使用する穿刺用新型プローブ(製品名:C2-6b-Dプローブ)を発売したと発表した。

 肝細胞癌への局所療法の1つであるRFAは 超音波装置などで腫瘍の位置を確認しながら、腫瘍に穿刺針を刺し、ラジオ波の熱で腫瘍を凝固させる治療法。一般に、腫瘍の大きさが3cm以内、3個以下の肝細胞癌患者に対し行われる。日本では2004年に保険適応されている。

 穿刺針を腫瘍に指す際に、超音波画像が使用されることが多いが、この際に画質や操作性を左右するのが超音波のビームを送受信するプローブ部分だ。

 同社は、日本で主流となっている腫瘍へのアプローチ性を重視した小さい形状のプローブ(マイクロコンベックスタイプ)の持つ、画質および穿刺時のブラインドの発生といった課題を克服するため、同製品を開発。広帯域でコンベックスタイプにしたことで高画質を実現した。さらに、患者との接する面の一部に針を通すためのスリットを入れたことで、腫瘍へアプローチ性が高まったほか、穿刺時のブラインドを減少。穿刺ルートへの脈管や消化管の入り込みなどを画像で確認でき、施術時のリスクを低減できるという。

 なお、同製品は同社の超音波診断装置「LOGIQ S8」に装着可能だ。