国立がん研究センターとサノフィは11月7日、癌研究推進のための提携契約を締結したと発表した。

 両者は、サノフィが保有する抗腫瘍薬候補の臨床試験を積極的に行うほか、フェーズ1試験を含む開発早期段階の臨床試験の実施に向け、協力して取り組む。

 今回の契約により、日本での臨床試験について質とスピードの両面で向上を図りながら抗腫瘍薬候補の評価を行い、癌患者のアンメットニーズに応える治療薬開発を推進したいとしている。